teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


一年以上

 投稿者:Takkyメール  投稿日:2007年11月20日(火)23時06分49秒
  書き込みがないので かきカキ( ..)φ

寒くなったので体調に注意! 特にフラットはひやっとしってるから
 
 

しおりさんこんにちは

 投稿者:いちろう  投稿日:2006年10月22日(日)16時09分59秒
  はじめまして!
しおりさんはいつ一人で電車に乗ったりしましたか?
いちろうは高校三年です。そのころはまだエレベーターもなくて
駅員さんに「なんで車椅子でひとりでこんなとこ来るんや」って言われました。
ちなみに今、そんなんいわれたら言い返しますが、
当時はウブで言い返せませんでした。

また、書き込みしてくると嬉しいです。
 

一番の思い出

 投稿者:しおり  投稿日:2006年10月20日(金)16時01分3秒
  私は今中1なんですけど、今までで一番の思い出は小学六年生のころのことです!私が小学六年の夏休みの時に山口県の萩市に行ってきました!萩の人との関係は私のおじいちゃんのお兄さんの所になります!そこの家に5泊しましたその後は私のおばあちゃんのお兄さんの家にお泊りをしに行ってきました!ここの家も5泊しました!これが私の一番の思い出です!  

テレビの件

 投稿者:いちろう  投稿日:2006年 4月10日(月)10時19分41秒
  みそかつさん、はじめまして。前回のメッセージにも書いたように、
私自身はいろんな考えがあり、いろんな人がいると思います。
テレビはテレビということで腹を立てないようにするのがいちばんですよ。
私も、言語障害がありますが・・・
別に障害者を意味しては居ないとは思います。
テレビはテレビで楽しく聞き流していいかもしれないです・・・
といいつつ、私も違う意味でむかつく番組とかはたくさんありますから・・・・
みそかつさんも気になると思いますが、楽しく見ていいと思います。
また、気になることがあればこの掲示板に書き込んで下さい。
 

昨日の夜のテレビで

 投稿者:みそかつ  投稿日:2006年 4月 9日(日)21時29分13秒
  雨上がり決死隊の番組で「アメトーク」という番組を見ました、いつも見てる訳ではないのですが、ゲストがカンニングの竹山隆範・神奈月・松村邦洋とばんちおさむでした。
30分ほどの番組でひとりひとりが自己紹介をまずした所でぼんちおさむの番になり、
いつも「おさむちゃんで~す!」というギャグをするだろうと思っていたのですが、その日はどうしても言葉が出ない(ふりの芸?)でなかなか「おさむ」という言葉が出ないまま、
30分間スタジオを抜け出して、トイレに籠もったり、壁にぶつかったり、監視カメラの前に立ってなんとか「おさむ」という言葉を言おうとしましたが出ず、最後になんとかスタジオに戻って「おさむちゃんで~す!」と言ったところで番組が終わるという酷い内容でした。
番組の酷さも凄まじかったのですが、明らかにこれは言語障害者に対する侮辱ととれるものでした。
ぼんちおさむは口を何度も大きく開けてしゃべろうとするけれどしゃべれないという人を演じ、本人はそれで芸になっていいのかもしれないけど、もしこれを言語障害をもつ人、もしくはその家族が見たら果たしてどう感じられるのだろう、という思いから別の怒りが湧いてきました。
二度とこんなことが起こらないようにテレビの側もきちんとした対応で望んで欲しいと強く願います。
 

障害者と健常者の壁

 投稿者:いちろう  投稿日:2006年 4月 7日(金)17時05分14秒
  いろいろな考えがあっていいと思います。
以前にも書いたかと思いますが・・・
正直なところ、私は障害者として何をどのように語っていけば
どのように伝えていけば・・・
理解をえられるのかなぁって言うことを考えています。
元は、男女の区別から始まったのかなぁって感じます。
ただ、私たちは区別と差別は違うと言うことを理解した上で
障害者と健常者の壁を考えていくことが大事って思います。
前回、私はこの掲示板で思っていることを書きましたが、
人を健常者と障害者というカテゴリー(壁)に分けることがない社会に
なってほしいと言う願いもあり書かせてもらいました。
とりとめのない文書ですが・・・・
 

とある研修会で

 投稿者:いちろう  投稿日:2006年 3月 8日(水)11時36分31秒
  お久しぶりです。いちろうです。Takky書き込みありがとう。
さて、とある研修会で・・・とタイトルに書きましたが・・・
某研修会でのことです。
360人の受講生でしたが・・・ぱっと見、障害当事者は30人程度でした。
10パーセントきってますね・・・・
グループで演習の時に・・・施設職員がおおいからか・・・家族支援(おや支援)に流れていったのでまずいっと感じたので「これは障害当事者(利用者)のための研修やで!」っていう話しをしました。にもかかわらず私のグループはおや支援の話を続けていました。
演習の半ばで講師が「これはおや支援ではなく本人支援です」ということをそれぞれが言ってくれたのでよかったなっと思います。
もう一つ気になったのが主催者側の情報提供の不十分さです。
耳の聞こえにくい人へのサポートのなさには困ったものです。
それにくわえて、周りで知らん顔をしていた同じグループの人にはその研修をうけた意味は何なのかと私は問いたい。
見るに見かねて要約筆記しましたが・・・周りの健常者はだれひとり助けようとはしませんでした。
福祉社会のあり方をみなおしてやっぱり、当事者が入らない研修はあり得ないのかなぁっと
感じます。
「こんなんで・・・修了証がなくよ!!
なんでやねん!!
聞こえにくそうにしてたらこえかけしててつだえよ!!っていいたかった。
世知辛い世の中を福祉の世界にもってくるなよ!!」
 

初めてカキコ

 投稿者:Takky  投稿日:2006年 2月11日(土)00時33分18秒
  夜中にこんばんは
あと3時間半で冬季オリンピック(トリノ)が開会しますね
私の密かな目標は、次期冬季オリンピックのバンクーバーに参加すること 爆

先日、JILの所長セミナーに参加したのですが、
九州など他地域のCILのコーディネーターや
CILで中心となって活動している人達の話を沢山きました。
日々の忙しさで忘れていたものを
多く気付かされました。
 

ふうせんバレー

 投稿者:てつや  投稿日:2005年10月15日(土)17時46分41秒
  障害者と健常者の壁が低くなればとの
思いでつづけています。
 

風船バレー

 投稿者:いちろう  投稿日:2005年10月12日(水)14時04分56秒
  学生のときに学校で体育の時間によくやりました。
ルールが少し違うかなぁってかんじますが・・・
夏に行われた大阪大会は見に行ってよかったです。
私は去年まで電動車椅子サッカーをしていましたが
ちょっと忙しくなってきたのでやめました。
でも、こないだはボッチャ大会に参加しました。
 

レンタル掲示板
/3