teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


新しい補聴器が発売されました。

 投稿者:所長  投稿日:2015年 7月 1日(水)22時02分29秒
  それは耳で聞く補聴器ではなく、脳で聞く補聴器。聞こえ難い音を単に増幅するだけではなく、その音を脳でより楽に理解できるようにする補聴器なのです。デンマークのオーテイコン社が毎年120億円の研究費を費やして開発した他社のメーカーには無い技術です。これにより、一日中補聴器を着けていても疲れにくく、言葉が良く聞こえる補聴器になりました。貸し出しの補聴器も用意していますので、是非一度、聞きに来て下さい。聞こえの違いを直ぐに実感出来ると思います。しかし、補聴器がいくら良くても、その調整が耳に合っていなければ宝の持ち腐れになってしまいます。  
 

蓄音機コンサート

 投稿者:所長  投稿日:2014年10月 2日(木)18時32分9秒
  平成26年10月11日の土曜日9時30分~15時30分まで横浜市戸塚のフォーラム祭りで蓄音機コンサートを開催します。美空ひばり、江利チエミ、フランク永井、石原裕次郎、など30分毎の特集を組みます。リクエストの時間も用意しています。戸塚駅から徒歩5分です。  

横浜にも事務所を開設しました。

 投稿者:所長  投稿日:2014年 9月21日(日)21時38分18秒
  横浜市戸塚区にも補聴器調整の事務所を開設しましたので、ご利用ください。予約時に早稲田か戸塚を指定ください。  

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

 投稿者:所長  投稿日:2014年 1月17日(金)17時16分56秒
  今年も宜しくお願い致します。昨年3月にはアルタ・プロとアルタのプレミアム補聴器が発売され、音が格段に良くなりました。これはデンマークのオーテイコン社が毎年、研究費として100億円以上を投資して研究したもので、雑音の中でも会話が聴きやすくなっています。試聴用の補聴器を用意していますので、聞きに来て下さい。  

蓄音器 EMG マーク7  その4

 投稿者:所長  投稿日:2013年 5月31日(金)15時53分20秒
  ☆   蓄音器EMG について  その4 ☆
私はこの蓄音器マークⅦの音がとても気に入り、もう1台、イギリスでマークⅦが出たら購入することを磯貝社長に伝えましたら、翌年、もう1台出て来ました、残念なことに、すでにモーターは電気に交換されていましたが、音は問題無く繊細な音を聞かせてくれています。マークⅦの箱の模様は一台一台、異なっており、箱はデザイン会社に注文して製作したそうです。2か月前にマック杉崎さんとお会いしましたら、初めのマークⅦはマックさんが所有されていたそうで、その後手放されて、現在は茨城県石岡の世界的蓄音器マニアと私が思っている、青柳さんが所有されています。2004年の雑誌、ステレオサウンドNo153に菅野沖彦さんのレコード演奏家訪問に青柳さんの自宅の写真が載っておりマークⅦがあるのにビックリして磯貝さんにすぐ連絡しましたらこの蓄音器が一台目のものと分かりました。この機種はEMG STORYの本の写真に掲載されているものと同一で、模様が放射状になっている蓄音器です。この写真の実物が日本に入って来たことになり、林さんがEMGの息子さんの家に行ったときにはマークⅦだけは無かった、つまり、既に日本に来ていた事になりつじつまが合います。ではEMGの蓄音器はいったい何台位、造られたのでしょうか?文献によると、マークⅩは150台、マークⅩaが75台、マークⅩbがオーバーサイズを含めても、たった50台だそうです。マークⅣが350台、マークⅨが350台。ではマークⅦはと言うと、これは記録が無く推測でしかないそうですが数十台のようです。この数を見るとⅩbが50台と言うことは、もう既に日本にその殆どが入って来てしまったようで、もうイギリスで見つけようとしても難しい状況になっているようです。しかもマークⅦは市場に出ることが殆ど無いことからかなり製造した台数は少ないと想像されます。私は、こんなに良い音の蓄音器を独り占めしてはいけないと思い、8年前から毎年10月の戸塚のフォーラム祭りの市民持ち込み企画に申し込み、EMG蓄音器クラブとして9時から4時まで約7時間コンサートを開催し、毎年70人くらいの方が聞きにきてくれています。去年は年を召したご婦人の方が一番で来られて最後までおられ、曲をリクエストされていました。毎年2~3人ですが、EMGのマークⅦの音を日本ではどこで聴けるのか、検索をかけると私の掲示板に書かれているマークⅦの記事を読み、連絡が入ります。自宅に来られてマークⅦを聴いてもらうと、その音にびっくりされて帰られます。今度上京した時には、自分のSPレコード盤を持参するので、また是非聴かせて欲しいと言われます。そんな方が全国に15人位おられるため、EMG蓄音器クラブなるものを8年前に立ち上げました。会員は全国に散らばっているため、全員が一同に会する事はありませんが、クラブの年1回の行事として、毎年10月にコンサートを開催している訳です。蓄音器の老舗シェルマンでは、以前に蓄音器の周波数特性の測定をするため、私が以前、所属していた小林理学研究所に依頼をしたそうですが、見積もりが高額のため実現出来なかったそうです。そんなことで、私がシェルマンの蓄音器の周波数特性を測定するようになりました。新しい蓄音器が入荷すると、周波数特性を取り、音を聞き良い音の蓄音器は店に展示する前に私がゲット出来る特典があります。平成17年にHMV194の素晴らしい音に巡り合いました。やはり聴いた瞬間にこの蓄音器を下さいと言っていました。HMVのフロア型蓄音器ですが、もともとリエントラントホーンは音が良くないと言う私の先入観があったのですが、この194を聴いて考えが変わりました。後で周波数特性を測定しましたら、1図のように200Hzから3000Hzまで周波数がフラットでした。その後も他の194を沢山聴きましたが、これ程の蓄音器に未だ出会っていません。図2はマークⅦの周波数特性です。周波数特性だけで音の良し悪しは勿論分かりませんが、一つの参考データです。蓄音器の周波数の測定には2種類あり、一つは、周波数特性測定用のSPレコード盤があります。三分の一オクターブバンド毎の純音が録音されており再生しながら、騒音計でレベルを読み取って行きグラフを作成します。もう一つの方法はクリック音を再生しマイクで受けてその信号をファースト・フーリエ変換(FFT)と言う手法でパソコンで計算し周波数軸に変換します。クリック音はレコード盤に縦に傷を一定間隔で入れ、再生します。下の図は前者の方法で測定したものです。蓄音器によっては、ある機種の蓄音器は4台位測定しても周波数特性が殆ど不変と言うものもありますし、ある機種では、4台測定すると4台共、周波数が異なると言う機種もあります。蓄音器の周波数特性を図にして発表することも考えましたが、蓄音器の優劣に直結する可能性があり、差し控えております。以上、私が9年前にEMGに出会い現在までやって来た事です。あまり参考にはならないと思いますが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。
 

蓄音器の針の太さの違いによる周波数特性の変化

 投稿者:所長  投稿日:2013年 5月31日(金)14時14分31秒
  ☆  鉄針の太さの違いによる周波数特性の変化  ☆
                     渡邉 治雄
鉄針のラウド(太針)とソフト(細針)は、いったい、どのような周波数特性になっているのでしょうか?一般的にはラウドは大きい音、ソフトは小さい音と言うイメージがあるが本当にそうでしょうか?私もこのことには、大変興味があり、蓄音器の老舗シェルマンの二階をお借りして実験を行いました。使用の蓄音器はEMG―Ⅹbです。図の赤線がラウド(太針)の特性であり、黒線がソフト(細針)の特性です。これを比較すると、1000Hzから低い音は、どちらも同じ大きさの100dBSPL音ですが、2000Hzでは、5dB位太い針の方が音が大きい、また3000Hzでは約8dB.4000Hz以上の高音域では、約10dB位太い針の方が音が大きい事が分かります。従って、針の太さがラウドとは、全体の音が大きくなるのではなく、高音域が出るのがラウドと言う事になります。針の太さを太くすればするほど、高音域が出てきます。これは、ソーン針でも同じ結果になりますので、高音域を出したい時は太い針を使用した方が良い事になります。
 

蓄音器の針の違いによる周波数特性の変化

 投稿者:所長  投稿日:2013年 5月31日(金)14時08分58秒
  ☆ 蓄音器による鉄針・ソーン針・竹針の周波数特性の違い  ☆
                              渡邉 治雄
 一般的に鉄の針は強い音、竹の針は柔らかい音と言うイメージがあるが、一体どのような周波数特性なのか大変興味があるところです。今回は蓄音器シェルマンの2階でHMV203の蓄音器をお借りして、実験を行いました。図の赤線が鉄針ミデイアムを使用したときに周波数特性。 青線がソーン針を使用した時、黒線が竹針を使用した時のものです。まず、黒(竹針)と青(ソーン針)を比較してみると、250Hzでは両者とも同じレベルの90dBSPLであることが分かります。500Hzでは8dBソーン針の方が音が大きい、1KHz、2KHz、4KHzでは10dBソーン針の方が音が大きいことが読み取れます。即ち、低音域よりも高音域の方が竹針の減衰が大きいことが分かります。次に赤(鉄針)と黒(竹針)を比較しますと、250Hz以下の低音部分は4dB位、鉄針の方が音が大きいことが分かります。しかし高音域1KHz,2KHzでは15dB位、4KHzでは約20dB位鉄針の方が音が大きいことが読み取れます。従って竹針は低音域よりも高音域の減衰が多いため、音が柔らかく感じる訳です。この図を見るとソーン針は鉄針と竹針の略中間の特性と言うことが分かります。何かの参考になれば、幸いです。
 

蓄音器 EMG マーク7  その3

 投稿者:所長  投稿日:2013年 5月31日(金)13時47分50秒
          ☆  蓄音器の周波数特性  ☆
                          渡邉 治雄
初めて銀座のシェルマンに伺い、聴かせていただいた時の蓄音器の特性を後日、測定させていただきました。最初に聴いたのがアメリカ製のビクトローラ・クレデンザでした、その時の蓄音器の特性が図―5の赤線の特性です。500Hzが80dBSPLと他の蓄音器と比較すると10dBから20dBも弱いことが分かります。500Hzが弱いと音の抜けが悪い事につながります。この蓄音器もシェルマンで中も解体しメンテナンスが済んだ状態でした。またこの図の黒線はもう1台別のクレデンザの特性です。このようにクレデンザは製造期間が長かったことと、製造台数が多かったため、中の構造に多少の変更などがあり、周波数特性にかなりのバラツキが見られます。黒線の特性は500Hzが102dBも出ていて、音の抜けはかなり良いです。クレデンザには当たり外れがありますので、音を良く聴いて抜けの良い蓄音器を選ぶことが必要です。次に聴いたのがイギリスのHMV202とHMV203でした。その時の周波数特性を図―6と図―7に示します。サイズはどちらも同じと言うことですが、比較すると500Hzで202型は90dB,203型は100dB出ていて、10dBも203型が出ています。従って音の抜けの良いのは203型かもしれません。HMV202と203型は比較的バラツキは少ないようです。次に聴いたのが図ー8のEMG Ⅹbオーバーサイズでした。周波数特性を見ても、明らかなように1KHzと500Hzは100dBSPLも出ているのに、3KHzでは80dBと高音域がでていないことが分かります。エクスポーネンシャル・ホーンの径が大きくなり共鳴管の長さが長くなるほど、高音域の減衰が大きく、低音と高音のバランスが悪い事が分かります。そして、最後に聴いて、鳥肌が立つようだったのが、EMGマークⅦアップライト・グランド型でした。その特性が図―2です。フラットに近い特性が読み取れるでしょうか?このように、私の耳で聞いて感じた事を周波数特性を取って見ると、感じたことが、略特性に出ている事が分かります。私が蓄音器の音を聞いて聴き終わらないうちに、購入を決めたのは、図ー2のマークⅦと図―1のHMV194の2台だけでした。
 

蓄音器 EMG マーク7  その2

 投稿者:所長  投稿日:2013年 5月17日(金)11時10分33秒
  ☆ 蓄音器 EMG マークⅦ とは! その2 ☆
それから1週間くらいして、自宅にマークⅦを設置にシェルマンの磯貝社長が来られました。設置を見ながら社長に聞きました。『この蓄音器はシェルマンでは何台位扱いましたか?』かなりの台数が出ているだろうと、予想していたのですが、以外な回答でした。実はこの蓄音器はシェルマンでは、初めてと言うこと、EMGの蓄音器の中でも大変珍しく幻の蓄音器と言われている事を聞きビックリしました。では、日本では何台位入って来ていますか?と聞くと、数年前に梅屋さんが初めて入手し、世界の蓄音機の本に掲載されている写真がその実物で、多分これが1台目ではないか、しかしこの蓄音器は回転むらがあったと聴いているとのこと。今日納めたこの蓄音器がおそらく日本で2台目ではないかと思うと言われていました。(その後、マック杉崎さんから連絡をいただき、大分に2台あることが判明しました。他にも未だマーク7をお持ちの方がおられましたら是非連絡ください。)そんなに珍しい蓄音器だと言うことを全く知らずに手に入れた事に感銘しました。そして、更にこの蓄音器について知りたいと思い、書物を探しましたがなかなか見当たりませんでした。インターネットでEMG蓄音器で検索すると静岡の林コレクションが見つかり、早速、連絡を取り遊びに静岡の林コレクションへ出向きました。なんと林静雄さんもEMGの熱烈な愛好者で、EMGの息子さんのジョー・E・ジンと家族ぐるみで交流があり、以前に家族でイギリスの自宅に遊びに行った話をいろいろとお聞きし大変、参考になりました。静岡にお邪魔した時に聴かせて頂いたEMGマークⅨもマークⅦ程ではないが、乗用車に乗るためにコンサートなどの移動用に便利な蓄音器と思い求めました。鎌倉のコンサートで使用していたマークⅨはこの時に求めたものです。林さんにお聞きしましたら、EMGの息子さんの家に殆どんの蓄音器の機種が残っていたが、マークⅦだけが息子さんの家にはすでに無かったそうです。EMGの蓄音器をあれ程、情熱を持って集められておられる林さんでもマークⅦには未だ一度も出会ったことが無いと言う話を聞き、益々この蓄音器に興味が出て文献を探すことにしました。間もなくしてE,M,G,STORYと言う書物が見つかりました。この書物によると、マークⅦは1928年7月に発売され、1927年に出たHMV202より共鳴管は少し短めだが、マークⅦの音は繊細で、今まで世に出た蓄音器の中でも、低音から高音まで一番広帯域である。EMGの蓄音器の中でも一番良いモデルである。と書かれており、HMVの蓄音器を意識して造った事が読み取れます。また、林さんに指摘されて初めて知って調べましたら、マークⅦは世界の蓄音機ではホーンはパピエ・マーシュ(紙)と書いてありますが、本当はエボナイトだと言うことが本を読んで分かりました。実際にマークⅦの下から頭を入れて、見えない部分をカッターで削ってみました、紙の上にコーテイングしているのではなく、確かにエボナイトむき出しでした。このことで、低音がズンズンと絞まった音の理由が分かりました。低音は波長が長いため、材料が軽くて軟らかいと振動で動き音が歪ます。低音を再生するには、重くて硬い材料が良いのですが、HMVのように金属にすると重すぎて移動が困難になります。そこで、金属でなく、紙でない、中間のエボナイトを採用したことが成功した一因と思います。更に箱に入れてホーンの周りを固定したことで低周波数でもホーンが動かず歪の少ない音になったと思われます。また更に調べていくとEMGは全ての蓄音器がエクスポーネンシャルホーンと言うこと、これは全ての周波数の共鳴がホーンの真ん中に音像が出来、ボーカル等は、点音源になることです。従ってボーカルは声がフォーカスされ、そこで唄っているようにリアルに聞こえます。また他社の大型蓄音器はリエントラントホーンと言う構造、これは点音源にならず、横に広がった線音源になります。しかも共鳴管の途中で管を二つに分けたため、聴く場所によって、上のスピーカから出た音と、下のスピーカーから出た音で干渉し、ある周波数では位相が反転すると言うとんでもないことが起こっているのです。聴くと音はフォーカスされず、広がってしまいます。カメラで言えばピンボケの状態です。しかし、一長一短があります。エクスポーネンシャルホーンはどの位置で聴いても位相が反転するようなことは起こらず、ボーカルやバイオリンソロなどはとても良いのですが、大編成の交響曲などは、点音源のため、全ての音が真ん中に集中し広がりが無くつまらない音になります。リエントラントホーンはフォーカスはしないものの、交響曲は広がりがあり聴き易くなります。オールマイテーの蓄音器はリエントラントホーンかもしれません。このように蓄音器の構造を調べて行くと、EMG蓄音器の中でもマークⅦだけに、エボナイトを使用したこと、またマークⅦだけが、ホーンを箱に入れて固定したことで、EMGの蓄音器の中でも最高の音を造ることが出来たと思われます。またEMGがHMVよりも更にハイファイの音を求めたため、エクスポーネンシャルホーンに執着したこともうなずけます。このように私は、良い音の蓄音器が見つかると、どうして音が良いかを音響的に解明していく事に興味を持っています。また音の良くない蓄音器に出会うと、どうして音が悪いかを音響的に解明しようとします。その点では少し異色の趣味かもしれません。    (続く)
 

蓄音器 EMG マーク7

 投稿者:所長  投稿日:2013年 5月17日(金)07時59分39秒
        ☆ 私と蓄音器EMG マークⅦ との出会い その1 ☆
                          渡邉 治雄
 私は昭和23年生まれで今年2013年で65歳になります。大田区、久が原に中学時代までいました。。そこには祖父の卓上蓄音器(ビクトローラVV1-90)が家にあり私が4~5歳の頃、姉がゼンマイを巻き聴いていました。小さいながらも、黒い盤が回るのを見たり、中を覗き込んだり、後ろに回って誰かが中にいて唄っているのではないかと、その当時は不思議に思ったものでした。また父は音キチでステレオに凝りマッキントシュのアンプやタンノイのスピーカなどが沢山転がっていました。私が中学時代にどっちのスピーカの音が良いか、よく聴き比べを父に頼まれ、何回も聴き比べをしていくうちに耳が肥えていったように思います。そんな環境で育ったため私は大学では音響の専門機関である財団法人―小林理学研究所と関連のある大学へ行き物理の中でも音響学の勉強をしました。専門は室内音響で当時のコンサートホールの残響時間や室内の周波数特性の測定でした。40年位前になりますが、その当時の新宿厚生年金会館のホール音響はひどいものでした、ニニー・ロッソが毎年日本に来てクリスマスコンサートをしていました、トランペットをニニーが吹くと1秒くらい遅れて後ろの壁から反射して聞こえて来ます。壁や天井・床が並行のため反射して戻ってきます。そんなことで小林理研に依頼があり部屋の残響時間や周波数特性の測定に駆り出されたことを今でも思い出します。もちろん今ではコンサートホールは並行な壁や天井はなく音の良いホールになりましたが、いまだに音の悪いホールは初台のオペラシテイー位になりました。その後、私は補聴研究室へ配属になり、補聴器のフィッテイングの研究をし、昭和60年に独立、補聴器フィッテイング研究所を設立、当時、補聴器のフィッテイングの技術が世界的に無かったため、外耳道の鼓膜面までの共鳴を考慮した調整法を確立し、現在では、日本全国から補聴器の調整を求めて来所されます。また趣味としては、父からステレオ装置を譲り受け、CDの音を聞いていましたが、なかなか良い音に巡り合えず、昔聴いた蓄音器の音が懐かしく思っていました。しかし蓄音器には全く知識が無く、踏み込めないでいました。そんな時、15年位前から、私は茶道を始め、毎年正月には初釜をして楽しんでいました。9年位前に知人から港南台に茶室を造った家があるので見に行かないかと誘われ訪問しましたら、そこの旦那さんが蓄音器を持たれており久しぶりに聴かせていただきました。昔聴いた懐かしい音に感動し、そこで初めて銀座に蓄音器の老舗シェルマンがあることを教えてもらいました。2003年11月21日、東銀座のシェルマンに行きました。二階に上がり磯貝社長にお目にかかり、言いました。『ここに並んでいる蓄音器を順番に聴かせて下さい、私が聞いて一番音の良いと思う蓄音器を一台購入します。』その当時は蓄音器に関する知識が全く無く、1台目は確かアメリカのものだと言っていました、聴いた瞬間、音の抜けが悪く、ボーカルは遠くで唄っている声でした。二番目はイギリスのもので、一番大型のサイズだと言う2種類でした、アメリカのとは違い音の抜けは良かったです、大きさは同じでしたが、後の方が音の艶がありました。4番目は上にラッパが出ていてこれもイギリス製と言っていました。大きな音で鳴っていましたが、低音と高音のバランスが悪く低音ばかりが大きく聞こえます。しかも低音が絞まらずボンボンと聞こえます。5台目も同じメーカーでフロア型でした。これを聴いた瞬間、鳥肌が立つようでした。高音も良く出ていて、低音もズンズンと絞まっています。高音と低音のバランスがとても良く、ボーカルは音がフォーカスされ、目の前で唄ってくれているようでした。音楽が終わらないうちに、これを下さいと言っていました。あと2~3台未だ聴いていない蓄音器はあったのですが、もうこれ以上の蓄音器はないだろうとその時、思いました。蓄音器の知識が全く無い訳ですから、頼りになるのは私の耳だけでした。若い頃から耳は訓練していたため、スピーカからの音楽を聴いて周波数特性がある程度描ける位の耳は持っていました。この蓄音器マークⅦの周波数特性はピーク・デップの無い比較的フラットな特性で、しかも今まで聴いた蓄音器の中でも高音から低音まで良く再生している広帯域特性とその時、判断しました。これが、私が初めてEMGマークⅦに出会った瞬間でした。         ( 続く )
 

レンタル掲示板
/13