teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


殿下。

 投稿者:山猫  投稿日:2018年 7月23日(月)17時34分32秒
  いきなり訃報で縁起悪いですがデニス……普段あまり見聞きする機会のないカザフの街角インタビュー、あんなにも愛されてる人だったのに、あんなにもあっさりと。容疑者は相手が殿下だとは気づかなかったそうですが、まぁデニスの私服センスがシンプルシックだったのが災いしちゃったんですかね……某プル様とか、某ロロ様(ぼやかす意味もない)みたいに、100メートル先からでも「タダ者じゃない!!」ってわかる御召し物だったら、ヤバイと思って逃げてくれたんじゃないかと(涙)。
ご本人はもちろん、お身内の気の毒なことと言ったら考えるのもキツ過ぎるんですが、親交のあったスケーターたちの哀悼のコメントがまたそれぞれ哀しくて。怒る皇帝、殿下が座長のショーに行けなかった自らを責めるユーリャ、「オレの推すデニス」の演技(4CC)のリンクを貼るDさん、ポエムを書き出すランビとまっちー、ツイッターでパニくる安藤さん。中でもつらかったのが、慟哭するヤグ兄。インスタかなんかのショートムービー機能で、うぉんうぉん泣きながらデニスの名を何度も叫んでて、もう二度とコレ再生するのやめようとヤグ好きながら固く心に誓いました。しばらくスケヲタTLとスケヲタブログ詣でを控えればこのつらさから距離を取れると思ってたんですが、ニュースでも新聞でも在りし日の殿下のお姿が流れるようになってしまって、本邦の国民は一体いつの間にデニスファンになってたんだ、と呆然としておる次第でございます。

というような話題に続けて申し訳ないですが、公爵夫人、いつもレポありがとうございます!! れーちゃんカフェ(笑)の時にも仰ってましたが、マジ皇帝陛下ずーっと日本にいらっしゃいましたね~。溜まってるアイスショーの録画を観ながらレポを拝見させていただいたんですが、あっちにもこっちにも居て、もういっそ都内に別荘造ればいいのに、と思いました……いや、案外既にどっかにあるのかもしれませんね。インスタに東京やら京都やらのお店の画像いっぱい出てるし、通りすがりに握手してもらったラッキーウィメンの情報ありますもんね。
毎回わたくしも思うんですよ、本邦の女子のお衣装は、もうちょっと体型とのバランス考えた方がいいなって。コリアのAF京とか静みたいなスタイルの選手ならまだしも、邦人は四分滑れる筋肉をつけるとどうしても腕とか胴にヴォリュームが出るので、スカートの切り替えの位置とか上腕の装飾で視線を外さないと、リックドムみたいに見えちゃいますよ。ケイティとか未来ちゃんみたいに、そんなこと意識させない元気さ、パワフルさで行く路線なら良いんですが、メンタル面ではどうしても繊細なお嬢さんたちなので、プログラムもキレイ系、カワイイ系に仕上げてくるじゃないですか。そこがミスマッチで、気になってしまいます。
あと“手乗りゆうこちゃん”、あれはすごいですね!! あのペアに限らず全体に曲が、何て言うか昭和なのはナゼ!? わたくしはめっちゃリアタイですが、選手は誰も聴いたことなかったんでは……(笑)。プリンセスプリンセスとか、年代的にはロロ様が辛うじてセーフかもですがフランスじゃ流れないだろうし。会場にいらっしゃるファンの方々ももうちょっとお若いひとが多かったですし、誰得なチョイスだったのかが謎です。
ロロ定番の三銃士も、「君たち生まれてへんやろ!」とTVに突っこんでしまいました(笑)。バルデさんと一緒に相変わらずバックフリップやってますが、そろそろ高さが危なくなってきたので、末永く会場の美人に絡むためにも今後は控えていただきたい!! 殿は四回転跳んでるし、宇宙人はいちいちアンコールに応えてるし、卿らはビッテンフェルトかオフレッサーの血筋なのかね!?
そうそうわたくしが録画できた回、はびたんは闘牛士でした。もちろん上手いんですが、Love in Parisの方が好きなのに……orz 思えばハビエルマンもアリョーシャのバナナ、ジェーニャのオムツの系統ですよね……競技を引退したのち、歌手になったり冷たい湖に飛びこんだりするタイプのおっちゃんにならないよう、心から祈ってます!!

ところでわたくし、HUNTER×HUNTERのキメラアント編をパスしてました。理由は足の多いイキモノが苦手だから&クラピカがぜんぜん出ないから! でも先日一挙放送があってカイトさんのカッコいいシーンを偶然観てしまったので、そのままだらだら流していたのですが、帽子・ロン毛・長身て(笑)。秀ちゃん自身は短髪だし小柄なのに、こういう役ばっかりですよね~。昔、菊地さんの……たぶん魔界か妖獣のOVAでもそういう外見のチョイ役を演じてらして、誰が長身のイメージを作ったんだろう? と。だって1stガンダムのシャアは172センチの設定で、あの人種の男性としては大きい方じゃないですよね。流しているうちにだんだん足の多いひとたちにも慣れたんですが、一抹の不安があったので、ハンハン好きの家族に、「カイトさんて後で悪役にならない? 死なない?」と確認したところ、「うん、この役は大丈夫」と言われまして。で、結果……(がくり)。まあ嘘は吐かれてないですが、秀ちゃんファン的にはいろいろ暴れまくりたい気持ちになりました。
そして、この時にめぐみさんとずっと御一緒してたから、公爵夫人の仰る通り、慣れ親しんだ親類のおっちゃんモードになってるんですね!!!!(爆笑) 先月、細野晴臣氏がロンドン公演中にゲストとして高橋幸宏氏が入った回に、「これで坂本くんが居たらなぁ……坂本くん、居る?」って客席に声をかけたんですが出て来ず、「何だ居ないのかぁ」ってそのままYMO時代の曲がはじまったんですが、Bメロの途中でいきなりキーボードの後ろから坂本教授が出現、演奏者も観客も騒然、ということがあったんですが、オリジンズでもそういうのがあったんですね! でも徹ちゃんの六歳はあんまり違和感なかったですよ。わたくし的に最もキビシかったのは、秀ちゃんが士官学校の一年生として最初にかっきーと話した部分でした。もう声の“圧”っていうか、何かが違い過ぎて、いくら成育歴が過酷だったからってこういう話し方は無理だよ十代!!って思ったし、かっきーが設定に忠実にお花ちゃんな坊やを演じれば演じるほど、秀ちゃんの重厚さが目立って頭がクラクラしました~。あらためて、DCで赤井三十代を演っていてさほど違和感がないのは、周りを固める声優さんたちのキャリアの賜物なんだなってしみじみ思いましたとも!! だから秀ちゃん、スケジュールを上手くやりくりして新銀英にも出て!! あそこはベテラン固まってるから!!(←でもコレ実現したら過労で倒れちゃいますよね;;;)
「私は今遠い宇宙の……」は、ホントはヤなんですよ、個人的にはね。アベンジャーズとかスタートレックとかで、何度も世界線が書き換えられてて、シリーズが長くなるってのはそういうことだってわかってはいるんですが、こちとら40年もいろんな資料を漁って、シャアが語らなかったシャアを補完してきてるんで、それを壊されるのがしんどいですし。何よりガンダムっていうのは富野さんの存在なくして成立し得ないもので、現在のサンライズ文芸部がどう解釈しようが、安彦さんが何を目指そうが、御大がいない時点でGガンとかウィングと同じ、ガンダムは出るけど違う世界なんです。しかし最近、赤安を見ていて、「1stガンダムごっこをぜんぜん違う舞台でやるのもアリかもな」と思えるようになりました。次の新作がはじまったら、また劇場に御一緒しましょうね~。
あ、あとですね、メールしろ的な話で面目ないんですが書きはじめたのでついでに、秋のLifeの件ですが、結構先のことになるので、チケットの御代をお借りしっぱなしなのも申し訳ないかなと思うんですが、書留か振込、あるいはまたギフト券など、ご都合の良い方法があったらご一報くださいまし。

今日、東京も38度ですって……うひー(汗)。お互い40周年まで、生き延びましょうね!!
 
 

ORIGIN最終舞台挨拶

 投稿者:Panafrancis  投稿日:2018年 6月10日(日)20時29分58秒
編集済
  今更な感じですが、一応、あげさせていただきます。遅くなって申し訳ありません。

最終、ということで6月1日の金曜日、新宿の18:45からの舞台挨拶に行って参りました。最近は初日が金曜日だったりするのに、公開予定半年も前に設定とか先着プレゼントとかの都合で、土曜日初日だから仕方ない!
という、中々厳しいスケジュールですが、もともと人数入りませんからね・・・急遽決定したからLive中継とかも間に合わず、スタート15分でチケット完売したそうです。私は0時に“あと12人です”の表示が出て、PCの前で“よし!”とか叫んでました(笑)夜中に近所迷惑だよ、自分。
映画を観ることは全く考えてないので、久しぶりに5列目とかに座ってみましたが、首が痛かったです。(一応映画も観ましたが!)
で、何時もの司会の方が出てきて、もう前振りとか何も無く“ゲストの方どうぞ!”みたいな状態でスタート。今更説明が必要な人来ないけですけどね。今回は秀ちゃん、徹ちゃん、めぐみちゃん、あと、T口プロデューサーがいらしてました。誰が何役とかの紹介すらないという状態ですが、まあ大丈夫!服装もいつもどおり!!着席順でめぐみちゃんが“私こっちですよね”というゆるゆるっぷり。そうですよね、親戚の小父ちゃん達と出てる感じですよね。

今回は過去のプレミアとか舞台挨拶の振り返りがありました。全部劇場で観てますが9割。全部舞台挨拶行ってますが1割。私もか・・・プロデューサーが“3年間、本当にお付き合いいただいてありがとうございました”と仰ってましたが、7割以上はUCから足掛け10年来てるよな、とか思ってみたり。

Ⅰの舞台挨拶の時に今回と同じスクリーンの2階席に居た徹ちゃん。居るのを聴いた秀ちゃんが話を振ってしまい、監督の“Ⅱは居るのでお願いしますね~”に“わかりました!”のうっかりな返答をしてしまい、6歳から演ることになった話とかが出てました。そういえばあったね、そんなこと、と思う自分がかなりどうかと。プレミアはそういえば今は無き日比谷でしたね~。(遠い目)昔はGが違う感じでジーク○○○とか告別式とかしてましたね・・・因みにⅠがアフレコ時に一番色が着いていて、その後どんどん白くなっていったとか。半年に1本をこのクオリティで出すのは厳しいと思われます。あれですか、スケジュールが厳しいのは今回のアムロ二人載ってるポスターでタイアップが確定しているとか、そういう話ですか?
そして、途中から上映館が増えたので、1日で札幌→熊本とか凄い移動距離(注:年長の出演者や監督は行ってません)な日とかがありました。秀ちゃん観るのに首都圏に住んでて良かったです、はい本当に。横浜無理なら池袋、とか行ってましたね、ムーパラの売り子終わってからとか!一昨年とか純黒と暁とEXPO被ってライフがガリガリ(3時間くらいの睡眠時間で2ヶ月くらい生活とか)だった記憶が・・・
映画祭の写真とかもありましたが“写真見ると仲良さそうでしょう?皆、大人だなあ、って思ってました。”とか“がくちゃんがね、一人だけ車で先に行ってて我々を迎えてくれるんだけど、T監督がね、何で俺たちがあいつに迎えられなきゃいけないんだ、って言ってたりね”という秀ちゃんのコメントとか、色々大丈夫なのかな、それ言ってと思いましたが、めぐみちゃんが“大丈夫です。今日はほら、振り返りで思い出を・・・”って頑張ってました。うん、お母さんの代わりに色々大変だね、頑張れ! レッドカーペーットは一生に一度も歩けるかどうかなので、貴重な体験ができて嬉しかったそうですが、メンバー的に大変だったろうなあとか。
プレミアも普通の試写会じゃなくて、もっとファンの人たちに色々と楽しんでもらおうと思って頑張って企画していたそうです。UCの頃から、凄くサービスしてプレミアやってるので、企画する方がプレッシャー掛かって大変だなあ、と思いました。オケコンとかLIVEとか舞台の演出とか、確かに手間隙掛かってました。マスコミ向けの試写会ではなくて、ファンのための上映会ですし、最悪、赤字でも良かったんだろうな、と。
因みに、秀ちゃんは生講演が好きだそうです。確かに独特の雰囲気というか緊張感があって楽しいですよね。ただ、観ている方も脳みそフル回転ですが!単語というか、使っている用語が特殊なせいでしょうか。“きみんせいさく”が“棄民政策”に瞬間で変換できないですよ?画像すら無かったりしますしね。とか思いましたが、やってくれたら行きますので、そのうち何か企画されるかもです。40周年とか来ますしね。キャスアトがどうなるか気になります。今回のかっきーは“彼は現場でもいい感じにボウヤなんですよ”とのこと。演りやすかったとのことですが、それは褒めてるのか・・・?皆が割と揃って録音できて楽しかった話とか。そうですね、意外と同じ空間に居る設定でも会話が無いから、バラバラに録ってましたね。秀ちゃんの“ぎんがさんとか、音入れは一緒にならにんですよ”との言に、初めて、そういえば、という感じですね。あと“ふるかわさんが、今回、凄く嬉々としてやってましたけど・・・”とのこと。確かにそうかもしれないです。
そしてプロデューサーが仰ってましたが、めぐみちゃんをららあにするかは、やはり悩んだそうです。でも、一番出番(台詞)が多いのがせいらさん。ので、せいらさんで!ということになった模様。そして、“Ⅵが、かなり好評で、続きを、と言っていただいたりしてるんですが、とりあえず少し休ませてください。”とのことでした。確かに今回、すごく出来が良いですね。主に艦隊戦が(笑)私達世代のヲタ(基礎教養みたいに銀英とかを観ている)メンバーに“ガンダムでもこれやるんだ!”と思わせる内容。“直撃ってもバズーカ一発で巡洋艦沈むんだ”とか、,“ミノフスキー粒子出てる状態での戦闘進路の割出しって、どんなプログラム?”とか、恐らく製作者が狙った以上に観客が勝手に脳内補完して楽しんでます。ミノフスキークラフトエンジンの設定とかそのうち細かく資料集が出たりするんでしょうかね。

最後の一言は、めぐみちゃんは“お兄さん、最後まで守ってくれて、ありがとうございました。”とのこと。“すごく不思議なご縁で”って、そうですね、こう来たか!って思いましたしね、このキャスティング。
徹ちゃんは“ぜひ、あむろが主役のがんだむを!”とのことです。確かに今の画面でRX78とか観たくはありますが、本気で全編再編集になったら結構ツライかもしれませんね。主に私みたいなのが。
秀ちゃんは“シャアから手紙を預ってきました”とのことでしたが“私は今、遠い宇宙の・・・”って、UCの後の時間軸ですね。いや、この場合は時空の概念が変わるのか?とか、色々と疑問が。でもサービスが行き届いていて流石だな、と。内容は普通に客席への感謝とか励ましとかなのですが、最期が“勝利の栄光を君に!”とのことで。(笑)徹ちゃんも“あむろが勝てないわけだよね”とか。
そして絶対に毎回やらなければならないらしい“ジーク・ジオン”の唱和。司会の方が徹ちゃんに謝ってましたが、“もう慣れたので大丈夫です”とのこと。それもどうかと。今回のは録音、何処かに使われるんでしょうかね。
という感じで、色々ありましたORIGINですが、とりあえず一段落らしいです。次回作の予告編が入ってましたけどね!
遅くなった上に大した中身じゃなくて申し訳ないです。毎週、薄・・・くない薄い本を買いに行ってるので、ちょっと時間が・・・昔は5徹とかできたのに(号泣)来月はまた、宇宙人観に行くので、頑張ります。
あ、山猫様、ゆずのイベントのパンフはそのうち薄い本と一緒にお送りしますので~

本日は虎狩りに行って、後輩に赤安本を貸してきた、布教活動に忙しいPanafrancisでした。
 

見直してませんが後半です

 投稿者:Panafrancis  投稿日:2018年 4月15日(日)22時35分37秒
  製氷Timeも初日と二日目、ゆずが滑った分の映像が流れます。毎日違う衣装で違う曲を滑っている模様。初日はツィゴイネルの衣装で登場。ジャンプは無いですが、ステップとスピンは披露してくれています。そして、その服のままバラード1番に!最初で最後でしょうね、これ。微妙にサイズとかじゃなくて昔の色がちょっと似合わなくなってきてますかね。おっきくなったしね!(違)
二日目がエチュードの衣装。14日は熊本地震から2年だったそうです。だから3・11の年の衣装。でも、お世話になった方へのお礼も兼ねたイベントなので、なんとM:I2。9年前、ですかね。そのままエチュードをやってましたが、こっから切替はどうなのかと。本人も“これ、凄いしんどいんだよ”とのこと。何とか重く入った気持ちと呼吸を立て直してパリの散歩道へ。“この衣装でこれは、もう無いから!”そりゃそうでしょうともよ。
といった映像が流れている間に製氷は終了し、第二部スタート。
ちいさなお嬢様達からの質問コーナー。“緊張を解くにはどうしたらいい?”“プレッシャーはどうすれば?”というかわいらしい質問に“本番を好きになって”とか良いことを言ってるようですが“お兄ちゃんもね・・・”他のゲストの年齢考えたらどうなんだろうとか思う発言に“おじさんかもしれないけど・・・”気にしてたのか。そうだよね、9歳からすると23歳はおじさんかもしれない。改めて23歳が最年少なショーって、最近ではまず有り得なことを再認識しました。そして、改めて“おめでとうコールをしたいと思います”ということで、客席から声をあわせて“おめでとう!”の声が。他にも質問コーナーで、ブレードが黒いのは銀の部分を無くしたかったとか、見本のじぇーにゃのブレードが金にKINGって入ってたから羽を入れて貰ったという話が。因みにNijinskyは観る度に泣くそうです。
第二部のゲストはむらくんから。ひそかな夢は“試合の時の野獣のようなゆずと!ふだんの優しい~”色々どうだというコメントついてました。ジャンプ解説コーナーでこき使われた反動か、アクセルがステップアウト!
普段は使いたくない単語ですが“頑張れ”としか言いようがない感じでした。
ゆうこちゃん&あれくがダンシングヒーロー。色々と本当に大丈夫なのか?あれくは元ネタ知ってるのか?笑える客層は年代がね・・・(遠い目)みたいな曲なのに、スピンもリフトも超絶技巧満載。片脚片腕をホールドしてゆうこちゃんが空中に浮いてるスピンとか、意味が解りません。そして最早代名詞な肩乗りリフト。肩と肩を合わせて逆立ち。こんな曲なのに・・・
じぇふもお馴染みBetterToBeLoved。やっぱり良く解らないLevelのステップワーク。あのエッジは魔法が掛かってるんでしょうかね。“難しいステップ”という定義をされているはずの片足でのターンが、何故か簡単そうに観えます。勿論気のせいですが。ジャンプも普通に跳びます。こちらも難しいエントリーをする理由が良く解りませんが!ええ、綺麗ですけどね、プログラムの流れの中で音にはまったジャンプは。というか、演技の全てが曲中の音(無音部分を含みます)を拾ってできていて、観ていてとても気持ちよくなります。氷を削る音はしません。のに一歩が凄く長い。技術は年齢で更に伸びたりする模様です。
じょにーは赤のロングドレスでCreepを。本当に氷に着くくらい長いんです。正直、ちょっと怖いですね。物ともしないで滑ってるんですが、どうやって裾を裁いているんでしょうか・・・そんな長さの衣装なので、スピンやスパイラルで流れるスカートが本当に綺麗です。現役時代よりちょっと腰回りが逞しくなったかな、と思いますが、あれがきっとスパイラルの脚のポジションを支えているんでしょうね。退場時は貴婦人の如くスカートをつまんで!本当に、キュートというかお茶目です。
一部も二部も、ゲストの最後はじぇーにゃ。TangoAmoreを二週続けて観てます(笑)いや、結構居ると思いますけども。アナウンスで“このプログラムで同じ試合での勝負はできませんでした・・・”ああ、やってみたかったんだなあ、と。じぇーにゃがびくたーと試合したみたいに(うっかり勝ちましたが)ゆずもじぇーにゃと試合してみたかったんでしょうね。第一部と一緒で調子が良いのか、先週よりステップとか切れてます。元気ですねえ35歳。(ゆうこちゃんは36歳・・・)反動来ないと良いですけど。アドレナリンが出続けてるほうが元気なんでしょうかね。
そして、滑らない予定だったはずのゆずのコーナー。大丈夫なのか、療養中なのに。でも、この中で痛みも引いてきて、滑らないほうがストレスなのかもしれません。衣装はロミジュリで。本日のプログラムは、初めて“これでやりたい”と言って作ってもらったSPをやってくれました。SingSingSing。当時観てる自分がどうか。ノービス勝って、Jr.に出た年で、急遽作ったSP。多分、初めてショーに出たのもこのシーズンですね。なんか2Aこけてた記憶がどっかに引っかかってます。そしてロミジュリ。当時のままなので“あれ、スピンの回転数これで大丈夫だっけ?”とか今のざやっくとの差にちょっと混乱したりしながらも、若干、寸足らずになっている衣装(上着)に意識が持っていかれます。当時の映像で両頬を抑えているポーズが流れたんですが、同じポーズをしてみたりなので、袖がきもーち短くなった感じが・・・3センチくらいは大きくなったと思うので、ウエストもちょっとずれてます(笑)そして、この衣装のままSEIMEI。3日間、ある意味貴重なイベントですね。この先絶対、この衣装でこれは無いな、というものが幾つもあります。ステップとスピンだけでも、かなりの運動量のプログラムばかりで、常にギリギリなラインで攻めてるんだな、というのを感じました。
フィナーレは女性陣が白、男性陣は白シャツに黒、と思いきやじょにーだけ上下の色が逆!似合うけどもね!ゆうこちゃんはあれくの手に乗ってました。比喩じゃなく、スケート靴ごと手乗り・・・もう何かね、何かおかしいですよね・・・最初はじぇーにゃがセンターでしたが、着替えてきたゆずと交替。このゲスト陣でセンターが日本人、というのが、とても不思議というか、ああ、ゆずはすごいところに居るんだな、と思いました。プログラムが終わった後の挨拶は、まあ、色々あるんですが“TVあ〇ひさんから企画をいただいて、あ〇ひさんならではの・・・”ああ、他の局ではできないよね、というか、しないよね、と。全日録画してあって、最終日はLIVEを映画館でもCSでも流す、とか。そして、後日全日分放送します。5月10日・11日・13日、18:30~になります。本当に、全く書ききれていないので、是非、放送入る方はご覧いただきたく。何の布教活動なんだって感じですが、ゆず曰く“現役中は、もうこんなイベントはできないと思う”そうなので。こんなメンバーは、多分、そうそう揃わないと思います。特にさのせんせい!最後は全員(ゆず含む)で“ありがとうございました”終わるイベントでした。製氷込みだと3時間以上ありますが、あっという間です。ちょっとでも、鑑賞のお役に立ちましたら嬉しいです。

ここからはフィギアから離れます。DCご覧になってない方はスルーで。
ええと、DC劇場版、13日0時スタートからべったーとかに“アクシズ”とかって単語が上がってましたが、本当にそんなでした。ネタバレできませんが、そうだね、あむが居てもMS無いしね。そのRXは大気圏飛行できないしね!みたいな。I棒とか、それこそあ〇ひが企画しそうな内容かもです。その避難勧告は対未確認生命体の時のノウハウ残ってるのか・・・?そして、あむはA井さんさえ絡まなければ、頼れる恰好良い大人らしいことを再認識しました(爆笑)今年は何回観れますかね。

あとですね、私は新国立、今回の中では当たりくじを引いた感じです。山猫様のお花は、まだまだ元気でした!とりあえずご報告させていただきます。

今週末はDC Caféに行ってきます。メニューにばーぼんそーだが加わったそうで、非常に嬉しいPanafrancisでした。
 

羽のイベント

 投稿者:Panafrancis  投稿日:2018年 4月15日(日)21時04分5秒
編集済
  なんだか連日のようにお邪魔しております。もうちょっとシーズン中に役に立てよって感じですよね、申し訳ありません。
本日はContinues with Wings~に行って参りました。日程出た段階で“DC初日と被った!”みたいな感じで、M輪様も被っていて、いつぞやUCとJP被って山猫様に泣きついた過去が蘇りまして・・・LIVE VEWもあるしと思って諦めたんですが行ったらよかった!映画館じゃなくて生で観るんだった!と思いました。
LIVE中継もありましたがCSなのでご覧になれなかったり録画できなかったりな場合もあると思いますので、とりあえずのレポですが書かせていただきます。

もう、出演者が確定した段階で“うわあ、ギャラ高そうなメンバーだな”という感じでございますね。私的に一番レアなのはさの御大ですが。幾らするものなんでしょう・・・後はゆうこちゃんでしょうか。という感じでスタート。

OPが始まる前から歓声が上がってました。何か観えないところでやっていたかも。登場は全員ブラックというか正装な感じです。しぇいりーん、むらくん、ゆうこちゃんは初っ端から片足であれくの肩乗りリフトで登場。じぇふ、じょにー、じぇーにゃまでが登場。ゴージャスなグループナンバーですが、ゆずはリハビリ中なので、ちょっとだけ参加です。司会席?みたいな所があるのですが、そこからすっごく滑りたそうな顔をして観てました。
ソロはじょにーから。一部は各選手についてゆずの紹介映像が流れます。“男子シングルの美しさを極めた人”とのコメント。この人のパンケーキスピンのバリエーションが今のスピンですとも。本人は両手を顔の脇で振りながら出てきて、綺麗というよりキュートですね。アヴェマリアが相変らずなクオリティです。フリースケーティングとか一つ一つの動きが流れるようですね。
むらくんは“むらくん”と呼ばれている模様。“頼れる兄貴”なのに君呼びなんだ。いや、しーちゃんとかも全部そうだったな・・・赤Verのファントムでした。すごくいい出来で、ちょっと感動です。彼の3Aは今の時流には合わないかもだけど、凄く高くてパワーが溢れていて、男子シングルという感じですね。今日は2回綺麗に降りてました。部隊音源ではなく、映画音源にして、ゆずへのプレゼントとのこと。
じぇふは“どんだ曲でもできる人”今日は白いシャツにベージュのチノパンですが、もっさりした感じが無いのが中身補正。スケーティングは言わずもがな。アウトのクリムキンイーグルからスプレット、前足アウトのイナバウアーとかバレエジャンプとか、とにかくエッジ捌きが凄いです。それでいて、上半身の動きは余裕があって、ForForeverらしく優雅。劣化しませんね。
因みにプログラムが終わった後に振られる国旗ですが、多分、皆、全部持ってきてる・・・
で、ここでトークタイム。日替わりだったようすが、ゆずが既にてんぱってます。最終日です。はい、もうゲスト呼んじゃいましょう!“でじぇーにゃ登場。勿論挨拶は日本語です。”コンニチハ、ミナサン“で、トークスタート。英語直ではなく、通訳さんが居ます。きちんと語彙が伝わるように、とのことでしょう。ゆずからの質問に”ゆずがこういうプロデューサーをしているのが嬉しい“”スケートは自分の人生(31年間)“”今世界で一番のスケーターはゆず“色々言ってくれますが、ゆずは褒められてるのに目も合わせられないあがりっぷり。”僕の奥さんは、平昌のFSの演技の後に泣いてたんだ“”No.1というのは辛い荷物だけど、ゆずは克服できるよ、君は僕のヒーローだ“説得力がありますね。で、これ訊いちゃうんだ、というのが”ソルトレイクのあと、どうやって色んなものを乗越えたのか教えてください“・・・どうだろう、あの時、多分、ある程度の層が”今回はありょーしゃ優勝で良いんじゃないのか“と思ってた気もしますが。でも、この時のじぇーにゃを観て、ゆずは”五輪で金メダルを獲りたい“と思ったのも有名な話です。じぇーにゃは”練習も試合も、その演技で人に喜びを与えるのも好きでだし、表彰台の一番高い処を目指して頑張れる。でも、人は必ず歳を経る。若返りはないから、今頑張るんだ“と言ってました。ちょと隣のスクリーンの小さくなっためーたんてーが頭を過りましたが、置いといて。ゆずに期待することは”4Aを跳んで欲しい“いや、本気か?”次も勝ってね“うんまあ解らなくもないけども!27歳で3回目の五輪?自分にできたことはゆずもできると思ってますかね。がっつりハグして退場していきました。
続いてビデオメッセージ。すてふぁんから、行きたかったよう、的な映像が届いてました。教え子居るのに無理だろうよ。そしてふぁびえる。“僕らは最高のライバルだ”って、あれ、何か中継入るっぽい?ということで、マドリードに中継が。朝6:30とか大丈夫ですか?曲掛けて滑ってくれましたが、あれ、何か変な感じ。氷乗ったばっかりかな?エッジの音もちょっと変?とか思ってましたら、誕生日とのこと。ひょっとして、パーティーでもしてましたかね。皆でHAPPY BIRTHDAYとか歌ってみました。中継切れた後“全然スケート滑ってなかった。大丈夫かな。(ゆずの)怪我の心配してたけど、逆に心配になった”とのことで、後で連絡してみるそうです(笑い)
そして、さのせんせい登場~!スパンコール模様入りの水色のスワローで滑ってくれました。御年62歳ですが、イナバウアーとか平気らしいです。金曜日に22年振りのショー出演で、何とか最終日まで来たとのこと。良くオファー受けてくれたな、ていうか、どっから話持ってったんでしょう。そんなに客席にサービスでキス投げなくて大丈夫ですよ、喜びますけど!“スケーターに寄り添う解説者”ということで、技術解説コーナー!無茶ぶりで呼ばれるむらくん!“今日は解りやすいの行きましょう。カウンターから3Aで!”いや、いい笑顔だなゆず。練習したとして、できそうなのは君を除けばしょーまとふぁびえるくらいだぞ?案の定“最初は普通のアウトから行ってみる?”は問題ないけど、今日も30回ほど朝からやってみて1回も締まらなかったという申告通り、踏切りがアクセルなのに3回転しか回れませんでした。当たり前だ!再挑戦はイーグルから、ですがパンク。いや、それで普通だから、むらくん、大丈夫。“カウンターから3Aで、降りたらカウンターからツイヅル・・・”できたら現役引退してないだろ、とか思いました。さのせんせい曰く“コンパルあった頃、寝ぼけて早朝練習すると転ぶんだよ”って言ってたよね?皆ができないから君の3AはGOE+3なんだろう!
気を取り直して、ゆうこちゃん&あれく。“かわぐちさんは~”あれ、珍しい。と思ったら、一緒だったことはないんですよね。でも、単身露国に渡った彼女は、やっぱり勇気くれた存在ということで、来てもらったそうです。長く使っていたFSですが、試合仕様できました。スロー4Sとかショーでやる意味が解らない。リフトもアクセルとリバースのラッソー、バリエーションでワンハンドとかヒップ&トゥのローテーショナルからキャリー、3ツイスト。スローは転倒しましたが、回ってましたね。にしても、ゆうこちゃん、じぇーにゃの一つ上には見えないです。そして相変わらず細い。さとこちゃん並です。どういう躰してるんでしょう。
しぇいりーのBomBomは、パリのクラブでショーでも観ているようですね。羽根つき帽子とか滑りにくいと思うんです。でも、楽しいアップな曲でもスケーティングが隙なく美しい。ゆずは“どんな曲でも物語が伝わってくる”と評してましたが、彼女のプログラムは映画一本分観た位のストーリーを感じることがありますね。途中からゲストが客席で踊ってます。最終日なのでゆずも参加。でも、珍しくはしゃいでるっぽいゆうこちゃんに目が行きます。あ、じぇーにゃ居ない、と思いましたが、次だから居るわけなかったですね。
で、ゆず曰く“スケート界の神”登場。よく考えると、3週間ずっとショーに出てる?GARAの時の同じバージョンのNijinskyでした。多分、この3週間調子が良いんだと思います。スパイラルの脚のポジションとかが、徐々にビールマンの高い処に寄ってきてるし、ステップのエッジも深くて切れがありますね。そして、連日出ているせいか、3週間前より痩せた、というか絞れてきた気が(笑)客席へのサービスは相変わらずですが、ここは頑張るとかそういう話じゃないですからね・・・Time
という辺りで第一部終了。製氷Timeに行きます!
 

後半です

 投稿者:Panafrancis  投稿日:2018年 4月11日(水)21時31分26秒
  当日中にレポ書かないと、メモを見てすら思い出すのに一苦労する脳みその劣化具合に悲しくなりますが、何とか一通り後半部分を上げさせていただきます。特番も入るそうですので、」ちょっとでも参考になりますように。

後半戦はまりんちゃんから。シルバースパンコールもこれだと可愛いんですが(笑)。I Realy like youというにはちょっと元気が無いかな、と思いました。ミスってませんが、普段はもう少しスピードがあるのと、ジャンプの高さとかが出てないな、と。スピンとかは問題ないですが、全体的に成長期で、逆に細くなってる気もします。今季がある意味勝負所になるので、調子が上がると良いですが。
そしてパトリック。何故いつも微妙な衣装を着てくる?せっかく綺麗にSitポジションで回っているのに、その袖丈は挙げた腕が短く観えるんじゃないのか?そしてせっかくのステップもアップライトも、そのレギンスっぽい濃紫のトラウザーは脚の観え方どうなんだ・・・?上手いんですよ、ええ、とても。でも、December1963で半端な半袖着る意味は何なんだろう・・・?
続いてわかばちゃん。やっぱり衣装が以下同文。何故ショーで髪をびっちり結わないといけない。そして衣装のグラデーションとデザインが・・・ハレルヤなんだから、いっそ真っ白な方が・・・どう考えても両腕全開じゃ無い方が良いし、スカートのカッティングもどうなんだ・・・?はっきりした色の方が似合うと思うんですけれど、流行とかあるので難しいんでしょうか。SPとしてはかなり仕上がっていて、非常にクリアーなエッジで全体を滑ってますし、スピードもある。ジャンプも高いです。やっぱりパワーがありますね。ので、余計に色々と・・・
次が女子五輪表彰台3人でDream。お揃いで色違いの衣装が可愛いです。年齢が低い方から、チェリーレッド、ローズレッド、ピンクベージュ。花街のお嬢さんみたいですね(違)。派手な動きは無いです。この辺がジェフだよな、とグループナンバーの度に思いましたが、動きとかポジションとか距離感とかに、要求度合が高いですね。特にこの3人だと、所謂“フリー”スケーティングがほぼ無い状態です。全部何かしている状態。スパイラルとか3人揃って脚の角度がおかしいよ!スピンのバリエーションも変だよ!まあ、だから表彰台に乗ってるんですけども。
ふぁびえるがLove in Parisですが、やはりラテン民族はラテンが似合うんだな、と。あまりにクラシックすぎるものより、ちょっと遊びがある、お洒落なものが似合いますね。白シャツにイエローのニットをスラックスにinしちゃって、その上にサスペンダーして着こなせるのがラテンの男というものでしょう。こちらも無理のない範囲のジャンプ構成。ただ、4回転跳べるジャンプが3回転だと、すごく余裕があって高さと滞空時間がプラグラムの中で映えますね。女性陣と違って、ふわっと上がる感じではなく、ばん、という感じはあります。そして、何故ショーでワンフットステップが多様されているのか、ちょっと不思議でした。上手なので魅せたい構成なのかな、と思いました。ロッカー・カウンター・チョクトーとか頑張らなくても。そのままジャンプ跳んでみたり。千秋楽なせいもありましたかね。
さとこちゃんは、バタフライで。アジア系のミュージカルとかオペラが定番になりつつありますが、あんまりハッピーな題材が少ないような気もしなくもなく・・・相変わらず可愛いですが!あんなに真っ白なひらひらの似合う日本人なかなか居ませんが!ちょっと疲れてるかなあ、という印象ですね。普段からジャンプとか余裕があって跳んでるわけではないので、最初のも回転不足かなあとか(ショーなのでだからなんだという話ですけども)本当にね、練習で上手になれるものは全部加点が付く感じに上手だよね。スピンとか必ずLv4で+評価だよね・・・(涙)誤解を恐れず言うなら“大丈夫、逆に将来はギャラ高くないのに人気があって、色んな処からお呼びが掛かるから!”と叫びたいです。
しょーまくん、グループナンバーが凄い色だったせいで、何か普通の服に見えるよ(笑)。いえ、シーズン前ですからね、無理のない範囲で綺麗に滑ってました。というかですね、連日これだけ使われたら、結構疲労するよね、と。4年後まで頑張るには今稼いでおかないと!かもしれまんが。昔のたかくんと一緒で嘱託社員ですが、諸々の費用が全部出るわけではないですからねえ。基礎スキルがここ数年で上がったので、一つ一つのエッジが滑らかですね。でも、あのギリギリまでinに付いたエッジで滑ってるのかと思うと・・・他の靴履いたらどうなるのか、ちょっと疑問が。とか思ってましたら、シットポジションで背中が見えてる!ジャンプも後半はお腹見えてる!!氷の上は寒いから、そこまでサービスしなくて良いんだよしょーまくん(笑)いや、その昔下半身ブリーフ一枚で滑ってたのがこの後出てくるけども(笑)どうしても肌色に視線が行ってしまって、集中力が下がりました(爆)ファンの方ごめんなさい・・・
あーにゃはお馴染みAfroBlue。何時位から露国のお嬢様方のエキシは全身タイツになったんだったかなあ~とか小母さんとしては考えてみましたが、ルーツがきっとアリョーシャのBANANAだな、とか思いまして。あれです、きっと“勝ったら好きなことしていい!”みたいな教育方針ですね。生で観ると雰囲気がらい〇んきんぐというわけでもなく、何でしょう、ミュージカルっぽいんですが該当するものが挙げられません。眼も脳みそも大台に乗ると格段に劣化が進みますよね(号泣)Worldこそ若干不調でしたが、基礎スキルの高さは素晴らしいです。エッジ一つとっても、姿勢や指先の動き、ジャンプの踏切り、Jr.Champのお嬢様が4回転2本跳んで優勝決めてましたが、露国の新世代は本当に基礎のメソッドが別世界ですね。
てっさ・すこっとがですね!ロクサーヌだったんです!!GPFも五輪も現地行けなくて泣いていたので、とっても嬉しかったです。この方たち(めあり・ちゃーりーも)は100回演ったら100回同じ様にできるスキルなので、通常FSやFDはショー向けに削ったりするのがそのままです。TVでは分からないリフトの入りとかツイズルの距離感とかが観れて、凄く、何と言うか・・・言葉にならない。本当に、てっさが何の予備動作もなく跳び込んでいってリフトに入ったり、よく解らないスピードでローテーショナル回ってたり、ツイズルがショー企画だと距離が足らなくて方向転換してたり、ミッドラインがエッジぶつからないのかみたいな近さでステップ踏んでたり。4分があっという間に終わってしまいます。拍手も一拍ずれます。集中しすぎて、客席の雰囲気がおかしいというのは試合だと良くありますが、ショーでは少ないですね。このレベルとミチベーションをを五輪3大会分キープしているのか、しかもカップル競技で、と思うと、本当に何かが常人と違うんだな、と。
そして、そんな素敵なカップルがオオトリじゃないのが宇宙人の凄いところ。どう考えてもラストに来るのが解っているので、ライトが点く前から先刻以上に客席がおかしなことに。いつもどおりCallが掛かるのですが“満を持して!伝説の~”どんな扱いですか、宇宙人。この日はTangoAmoreでした。ロクサーヌは一つ前と被るからね!歳を(一応)とったので、髪の色が薄くなって(多分量も減ったはず)真っ黒な服が更に映える様になりましたね。というか、あんな色っぽい服で五輪シーズン入ったんだったな、とか。多分“全体の1/○以上露出してはいけない”(ザヤックで毎年変わります)ギリギリで作ったんでしょうね。そして正面席が獲れて露国国旗を掲げるお嬢様に、まずはファンサービス。相変わらずマメだな、とか思っている間にスタート。何してる訳でもないのに、客席は大騒ぎ。ただ滑ってるだけだよ!という冒頭(その後は何かしているので)から上がっている悲鳴というか嬌声(笑)いや、うん、解らなくもないですよ。ただ13歳くらいから観てる小母ちゃん的には35歳になった姿に“大っきくなったよね”とか。Open戦とかじゃなくて数は点かないので、2Aと3Tの構成です。そしてプログラム中もサービスが満載。客を中毒にしてリピーターを増やす方式。皆、見習おう!(違)
そして宇宙人は今週末のゆずのイベントにも居ます。DC初日とか、山猫様も行かれたM輪様とか色々被って現地に行けないので、どっかの映画館でLIVE中継観るしかないわけですが、何故この日程で組んだんだ、ゆず・・・!いえ、解ってます、宇宙人の躰が空かないからですよね。外せないですし、SOIと同日開催は出来ないですしね!こちらも頑張れたら書きにきます。
今回、若干何時もより後ろのセンター付近の席だったのですが、寧ろ足元や各エレメンツのin-outが観易いことを再発見しました。真横ってリンクの反対側とかカップル競技の影になった方とか観えないんですよね。ツイズルとか上手ければ上手いほど、一人しか認識できない。半端に5列目とかより、10列目で高さがある方がいいのかも、と思いました。万が一、これから観賞してみようという方がいらしたら参考までに。
ORIGINの試写会がどうにか当たってくれないかと思っているPanafrancisでした。普段どおり売ってくれるなら頑張るのに・・・!
 

SOIとか

 投稿者:Panafrancis  投稿日:2018年 4月 8日(日)20時34分1秒
  お久しぶりでございます。オリンピックシーズンに全く役に立ちませんで、申し訳ございません。
あれです、激しく私的に優しくない放送内容に号泣しておりました。Worldもようやく全放送が本日放送終了しまして、HDD残量と闘いながら録画とダビングを実施中です。全部は鑑賞できておりませんが、これから頑張ります。
本日は、その上位陣の出演のSOIに行って参りました。かつてないくらい出演者が若いです!なんと宇宙人が最年長かと。私の半分も生きてない子たちがいっぱいですよ(爆)。既に一昨日にLIVE放送がありましたが、多分日替わり部分も仕上がり具合も違うかと思われますので(まだ内容チェックできてません・涙)、楽日のレポ等お送りしたいと思います。
見直してないので誤字脱字あるかと思います。後日直しますので、ご容赦ください。

OPは今回のレギュラー陣。凄い色合いの衣装ですが、ジェフリー、振付だけじゃなくて衣装も監修なんでしょうか。通常の日本人では考えつかない配色ですね。服に意識が行き過ぎて、内容が危ういです。とりあえず、色々と得意なことしてみてくださいということで、ジャンプ跳んだりスピン回ったりしてますが、揃って滑るとスケーティングスキルとパワーの差が出ます。特に男子。しょーまくんがね、ちっさい躰で頑張ってますけどね、スコットとか一歩が速いし長いよ!という感じでスタートです。

りかちゃんからスタート。若手は来期のSP披露が通常使用で、衣装も既に流行りがでます。来期は強く無い色合いのグラデーションでシフォンスカートの模様。りかちゃんは青。最近の子はジャンプで転ばないですよね。2A、3S-3T、で3Loは両手を真直ぐ挙げて、という点数をどのくらいとれるかという構成。でもショーの
方が髪型とかメイクとか可愛いですよね。びっちり纏めて眉毛がっつり描けば良いってもんじゃないよ!って試合の度に思っておりますが、今日もそんな印象が。
次にペア。みうちゃん、りゅういちカップル。上手くなったのが判ります。練習して出来るようになることは、本当に上手なんですよ。でもね、ツイストとかスローとかリフトとかはね!そうだよね、日本人男子に3回転以上のツイストとかアクセルラッソーとかは厳しいよね!そして出来そうな躰してる人はフィギアとかしてないよね!と思う今日この頃・・・
気を取り直して、かおりちゃん。観ている人ほぼ全員が“いきなり可愛くなったよね”という感想を持った彼女。私もそう思います。なのに今季の衣装が微妙・・・アーティストとかシカゴとかキャバレーとか、皆が白黒衣装にする気持ちは解ります。ええ十分に。だが何故切替ラインがそこなんだ・・・?3Lz-3Tの最後にちょっとふらついた以外は良い出来だっただけに、逆に衣装が気になりまして。慣れるのかな、そのうち。
けいじくんが椿姫。ザ、王道という感じの衣装です。が、普通の日本人にはそのブラウスのフリルの分量は大丈夫なのか?いや、たっちゃんは似合ってたけども!というか、なぜボレロをワインレッドにしたんだろう。曲のイメージにはあってますけども。ジャンプは作ってる最中のプログラムなので3回転までしか跳んでません。もうちょっと背筋強くなるとイーグルとかキャメルが加点もらえるようになるかなあ、と思うんですがどうでしょう。
かなちゃん・クリスは戦場メリまんまです。こちらも上手くなりましたよね。リフトとか、かなちゃんがお姉ちゃんより軽・・・いやいやいや、頑張ってるんです、きっと。日本のカップル競技が安心して観てられるようになったのは、私的には凄い変化です。距離感とかシンクロがどんどん良くなってきてますね。
次は男性陣5人のナンバー。Feel in Still。またしても凄い配色の衣装。しょーまくん、今日はこき使われるのが確定なんだな、と思いました。男性陣で一番若いからね。リフトとかもしないからね。人より2割くらい余分に漕がないとだけど頑張れ。でも、グループナンバーならではの振付とか、身長順に並ぶ感じで楽しいです。
じぇーにゃは療養中なのでジャンプは入れない構成で。Beautifulとか曲のことより、自分で椅子持ってリンクの反対側からスタートとか。眼鏡に髪結って、ショートコートまで着てたらそれ大変なんじゃ、と。お約束な感じで途中で上着とか諸々置くんですが、隙間を滑走したりスピンしたりするので、引っかからないのかとか心配に。あと、I字スピンの角度がやっぱりおかしい・・・日本のお嬢様達がFRONTというかFORWARDに脚があるのに、じぇーにゃはやっぱりSIDEに脚がある・・・。ジャンプを跳ばないのは、全く気になりません。ただ滑っている時間というのが無いので、気付くとプログラムが終わってます。そして、相変わらず細い脚。Jr.の頃からなので、こういう筋肉なんでしょうね。純スラヴとも、ちょっと違う感じです。
のぶくんはキングメドレー。グレーのベロアベストですが、サイドにライトグリーンのスパンコール!似合うけども!彼は選手よりもショーマンとしての方が才能があるなと、つくづく思います。軟らかい膝と足首を存分に生かした構成ですね。派手なジャンプではなく、プログラムの流れの一部として跳んでいて、非常に綺麗でした。
まいちゃんはピンク系の可愛い感じで。調子が良かったのか、通常の3S-3Tから、そのまま2T-2T-2Loの5連続を跳んでみる!というサービスが。本人も予定外だったのか、跳んだ後に“あれ、何かできた?”みたいな表情が。
もーがん・えりっくは、段々とゆうこちゃん達みたいな超絶技巧系に行ってる気がします。身長差があるからこその構成ですね。もーがんが前季から雰囲気が変わったのも大きいかと。以前は小柄な躰だからこそのパワー系でしたが、髪を短くした辺りからキュート且つエレガントになった気がします。躰もパワー重視からしなやかさを入れて、痩せたというより絞った感じで。試合では出来ない入り方のデススパイラルとかリフトとかのバリエーションが増えてきました。ノーアシストでどうやったらあそこに乗れるんだろう・・・
ケイトは黒レザーのライダースに赤黒チェックのミニスカート。ライダース脱いだらビスチェ、というロックな感じで。I Love itって、こういう曲だったかなと思うのに、パワー全開ですごく楽しそうで、彼女のプログラムになってるなあ、と思いました。オフシーズンですこーしウェイト増えてると思いますが、それが元気な感じで、ジャンプとか体重関係無いんだな、と。世代間ギャップというんでしょうか、5歳違うと別世界ですね。今の子は多少の体重変動に関係なく3回転ジャンプをキープできる技術力がありますね。
とりあえず、前半まで。
後半頑張れたら、また来ます。
 

嵐のオリンピックシーズン!!!!

 投稿者:山猫  投稿日:2017年 8月28日(月)23時23分53秒
  いつもレポありがとうございます公爵夫人、週末はよろしくご指導くださいませ(土下座)。メール後でお返事させていただきます、マジわがままだらけでゴメンナサイ(五体投地土下座)。
ここからゼンゼン違うハナシを書きこんでしまう山猫めをどうか御許しいただきたく! 先程タス経由でたらそわおばさまの正式なコメントが出ちゃいましたね……ユリアぁぁぁ(滝涙)。アデリナもユリアもいないなんて寂しすぎてどうしたら良いかわかりません!!!! いや、綺羅星の如く耀く露国のお嬢さまがたの健闘をお祈りするしかないんですが!!!!!!!! リンクにはいろんな魔物が棲んでいるんでしょうけれど、病魔だけは、本当に病魔だけはカンベンしてほしい!!!! 可愛いユリアの小悪魔な笑顔が、再び銀盤で拝める日を待ってます(泣きながらYouTube方面に走って行く)
 

続きになります。

 投稿者:Panafrancis  投稿日:2017年 8月28日(月)22時33分0秒
  後半のスタートはやっぱり五輪使用でしょうま君頑張れなトゥーランドットメドレーからスタート。あれです全、ちょっと期待が重そうな感が・・・なまじゆずが前回勝っちゃたからなあ。さとこちゃんが出てないしで、ちょっと一点集中。
そして期待に応えるべく、前半で4F、3A、4S、3Aを跳びます。全部降りたよ・・・そしてしずかちゃんとチェンジ。衣装は深紅でしたね。続いて、あきこちゃん、大ちゃん、かなこちゃん、ステファン。本来、オリエンタルに似合うはずな曲なんだけど、かなこちゃんだと可愛すぎる感じです。そしてもう一回しょうま君。後半までに休みがあったからって、4L0、4S、3A、2A-1Lo-2Tは跳びすぎなんじゃ・・・疲労骨折とかはしないタイプだと思いますが、男の子の19-20歳はまだまだ成長期なのでちょっと心配です。にしてもタブですね・・・

Chanceはやまだこうし君。社会人になったのに、自分でスケートを続けています。どこかに所属している訳でもなく、大会に出る訳でもなく、自分が好きだからというだけでショーに出せるプログラムを作りコンディションを維持している努力家。トリプルを普通に跳んできます。情熱って凄いですよね。

二人目KIDSはてらしまあゆちゃん。本田家長女もですが、あんなに小さいのに、ちゃんと跳んでるって解るダブル。そして手足が長いからスピンのポジションが綺麗。10年違うと別世界って本当ですね。

ゆかちゃんは・・・言葉にできません。ひたすらにエレガント。何なんだろう、エッジの音すら滑らかな気がします。

イリヤは何処に行きたいのかな~金髪碧眼の露国男がブラックタイ着たら、そりゃあ良い男度3割増しですけど。しかも帽子付きですよ。シナトラのマイウェイとか恰好良いよ?でもこういうキャラだったか?アラフォーになって路線変更?何でしょう、むしろカートとかがしてそうな気が。細かいステップワークとかありませんが、相変わらずジャンプはトリプル、スピンもアップライトフォーワードは両脚上がるし、バタフライは意味不明な高さ・・・客席から黄色い悲鳴を上げさせるのが楽しいみたいになってます。

続いてMJメドレー。こればっかりは米国籍が一番合うらしいです。こう、動きとかノリとか不思議なんですけど。(宇宙人除)チャーリー兄様がメアリ姉さまとシェーリーン、りかちゃん、かなこちゃんをバックダンサーみたいに連れて白のセットアップにスカイブルーのシャツで登場。うわあ、珍しい(失礼な)。基本黒のレギンスパンツな女性陣の中で、メアリ姉さまだけミニドレス(笑)かなこちゃんとみきちゃんにスイッチして、ちんぱん・しゃんとんとかステファンが出てきたりするんだけども、やっぱりちょっと違和感。何が違うんだろう・・・外国勢でクラシック得意なタイプは、やっぱり合わないんでしょうか。

イリーナは子育て一段落して凄く全てに余裕を感じます。佇まいが、言い方悪いけど肝っ玉母さんみたいな。無理したエレメンツを詰め込むよりも、気持ちのいいプログラム優先。伸びやかなスケーティングとパワーを感じるスパイラル。変わらないキュートな笑顔と大人の余裕が同居しますね。

ちんぱん達はね、何かおかしい・・・しんるー達もだったし、多分将来タチアナ・マックスとかゆうこちゃん達もそうなるのかもだけど、優勝を確実につかむペアのカップルは何かが違います。経年劣化しない人達。ツイストがダブルだったりするけど、スロートリプルは相変わらず余裕だし、リフトも凄い入り方でポジションキープもどうなってるのか解らないです。あの細い(小さくはない)身体の何処にあんなパワーがあるんだろう・・・。

すてふぁんも元々、激しく派手なエレメンツだった訳じゃないので、変化が少ないです。ただ、ステップの隙間にポンポンとワルツジャンプ跳んでたかと思ったら、同じタイミングでいきなりトリプル入れてきました。技術

メリチャはBarberのアダージョ。銀英のゲームとかで使ってたかな、後JFKの葬儀とか?みたいな曲です。葬儀用の曲ではないそうですが、メアリ姉さまがチャーリー兄様に捨てられたようにはやっぱり見えす、死に別れたんだな的なものが伝わって来て切ないです。でも、相変わらずハイパーな愛車状態。カーヴに入るイーグルポジションの兄様にひょいって乗っちゃう姉さま。意味不明なスピードのステップ、ツイズルが観れないのだけが残念です。

大ちゃんはお帰りなさい拍手がまだ続いています。あの中では若い方でギャラも高く無い方なので(ていうか、座長とたけし君より立場弱い・・・)頑張って気合入れて滑りなさいなプログラム。でも、衣装は無難に上下黒。年齢上がった分だけ、瞬発力とかパワーより、柔軟性と持久力に力を入れてるかな、という感じです。やっぱりお尻が小さくなったし、脚も細くなりましたね。ステップは以前よりも省エネ気味かと思います。既に無事これ名馬ではないので、気を付けて欲しいですね。

座長は毎プログラム着替えてきますね・・・で、またしてもお腹と背中が全開です。ラストだからかちょっとフィナーレに続くようなプログラム。

と思いきや、フィナーレが異様に賑やかでした。全員、黒とか焦茶の上着でレザーの飾り布が付いてます。黒パンツで顔にペインと。ケチャとかとかみたいな雰囲気で持っている棒(全員持ってます)もカラフル。タテしてみたり、全員で演武になってみたり。顔のペイントはお国柄と本人の性格が出ますね。潔いな、りかちゃん・・・

オーラスはゲストも含めて全員でご挨拶。じゅりあちゃん、パパと一緒じゃなくても良いらしい(笑)何週も何週もして、最後は座長がご挨拶して終わりです。何公演も取ってる人も居ますしね。
因みに、出口ではJOとCoIのチケットが“カードご利用できます!”の張紙と共に販売されています。予定が解ればね、買うんですけど・・・

というわけで、長い割にあんまり参考にならないかもですが、23日に日てれぷらすで放送があります。よろしければ録画予約で。

では!

ORIJINの過去放送とその他の録画予約予定と格闘中のPanafrancisでした。
 

FOIです

 投稿者:Panafrancis  投稿日:2017年 8月28日(月)19時39分42秒
  いきなり涼しくなったりしておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?最近、割引というか、下手すると半額くらいでアイスショー一桁列に行っているPanafrancisです。人生の運をここで使っているんでしょうかね。どうせなら、秀ちゃんの一桁とかが欲しい・・・(←いや、席の数が違うから!)

というわけで、FOIに行ってまいりました。新横浜アイスアリーナは名前通り一番後ろでも全席A席位な広さしかありません。立見席を出してましたが、それでもリンクから10mくらいのもんWELCOME FREIEND~な文字を書いていく設定。真っ白な衣装でお似合いですが、お腹と背中が全開なデザイン。技術なのか布が良いのか、当て布無くても良いんだなあ、とか感動。でも、あの細い身体で背筋はっきり割れてるので、うん、インナーマッスル凄いねという感想が拭えません。いえ、出演者全員そうですけど。

で、一斉に一回出てきて、女性陣は白ベースにシルバーやグレー、寒色系の衣装。男性陣は白シャツに黒パンツ、全員1枚は持ってるよねという服で、経費削減なのか?とか。その後それぞれコールと共にいつも通りにエレメンツを披露してくれます。しょうま君、OPからクワド跳んで来なくて良いから!座長との力関係が垣間見える一瞬・・・だけではなく、五輪シーズンなので、頑張れ的に目立たせてますね。座長もトリプル跳ばなくて良いですよ、最初なんだから(笑)
皆で滑っている間も長距離を滑らされているしょうま君。チャーリー兄様とか使おうよ!と思ってましたら聖火リレー的なものをしたかったので、五輪ゴールド持ちは聖火を持って(本当に火を使用していてました)次の人に点けなきゃいけなったらしい。それは仕方ないね!聖火台は流石にライトでしたが、そのまま上空に上がっていく演出。すごいな、あれ公演中ずっと吊っておくのか・・・で、OP終了。

FREIENSは毎回、小さい子供やチャレンジしたい一般の方を募集してゲストに呼びます。
今回のKIDS一人目は本田家長女!じゅりあちゃん!!ちょっと裏技チックですが、気にしない方向です。ひらひらの薄紅色の衣装でハナミズキを滑る少女。ジャンプは高くは跳べないけど、ダブルで回るしコンビネーションも跳ぶんだよ。すごいな最近のノービスって。そして、両親足して2で割ったのより絶対可愛いし細いし手足が長い・・・遺伝子って何だっけ、とか。
そしてパパ登場!バージョン違いのハナミズキ。ちょっとだけ一緒に滑ってじゅりあちゃん一回退場。パパは恰好良いところ見せたいのか、ちょっと気合が入りすぎてる感有。最初の3Tは綺麗だったんだけど、3Sが上がりすぎてこけました。途中で2Sにしようとしたんだけどね、ちょっと間に合わなかったね。でも何公演もあるしね!相変わらずスプレットイーグルとかは相変わらずとても綺麗です。アウトサイドでリンク半周くらい回るし、そのままインにエッジ変えて、リンク縦断して行きます。
じゅりあちゃんが再登場して、二人でペアスピンとかスパイラルとか、涙でそうですよ。(年齢高い連中だけだってば)アナウンスも“お父さん、泣いていいですよ!”とのことなので、最終日終わったら本当に泣いてるかもですね。

続いてシェーリーン登場。一番のお気に入りだというシカゴ。黒のボブのウィッグと衣装が、もう見た瞬間にシカゴだな、という感じです。ワイルドなのにキュートでセクシー、でも力強くてミュージカルをそのまま観ているようでした。

ジェレミーは髪が薄めのブロンドになっていたせいか、凄く若返った感が。いや、あの中では若い方だけども。今回のプログラムのテーマは悪夢だそうです。テーマもプログラム自体も素敵だが、衣装が、ええと、好みが別れるかも・・・忍びの国とか気になったのかな。彼のボディバランスなら着こなせます。そこは大丈夫。でも目出し帽状態な必要はあったのかな。それは置いといて。高い技術力が如何なくというか、無駄なまでに詰め込まれています。じっとしてない感じのステップ、綺麗なトリプル、軸の細いスピン、脚の伸びたバックフリップ。もうちょっと自己主張が強いと人生が違ったかな、とかね。いや、これだから良いのかな・・・

りかちゃん、今季のSPです。歌入りが一番有り難い曲ですよね。最初のコンビの2ndがちょっと詰まった以外は、綺麗だったと思います。全体のバランスもですが、ダイナミックな曲との相性が良いんだなと。空間を大きく使っていると思います。あと、キャメルからドーナツへのポジション移動が、脚の下がりが少なくなりましたね。どのくらいブラッシュアップできるかが勝負ですか。

しょうま君も今季のSP。王道ですよね、ビバルディ。最初の4Fが一回着氷したんですが、こけました。いえ、全然良いんですけど。つなぎや構成で点を稼ぐために体力を使うプログラムです。後半にコンビネーションと3Aにするのかな。4Sも両足になっちゃったけど、3Aはもう安心して観てられますね。ただ、スリーターンからのジャンプが、今季が始まってみないと“難しい入り方”に該当するかが判然としません。ので、初戦が終わった辺りでプログラムを変更する選手が出てくるかもです。因みにイーグルやバックカウンターから入る場合は変わらずGOE+対象です。個人的には降りてそのまま綺麗に流れるジャンプは素敵だと思うんですが、入りで加点取れないと、降りてから何かしないといけなくなりますよね。
そして、演技とは全く関係無いですが、相変わらずエッジが限界まで内側に付いてます。

あきこちゃんは、昔完成できなかったプログラム、ということで、新規ではありません。が、歳を重ねるって素敵なことなんだなと思わせます。ただ、そんなに頑張って3Sとか2Aとか跳んで来なくても良いような・・・そして衣装が綺麗です。裾へのグラデーションとか、スカートのカッティングとか。センスの良さが伺えますよね。それが、りかちゃんの服とかメイクにも生きてる。

FIXのテーマは“友情”とのこと。イリヤ、イリーナ、ジェレミー、ゆかちゃん。友とは喜びと苦しみを分かち合い支えあうものだそうですが、傷ついてるのがジェレミーだけだよ・・・まあ、このメンバーならそうだろうともと思いますけどね。ちょっと可哀想かもしれない。無駄に力強いイリヤとか、身長差凄いのにジェレミーを支えているのが解るゆかちゃんとか、それを見守るイリーナとか!そういうプログラムじゃないのに笑ってしまいました。でも、私だけじゃなかったですよ!?

気分を変えてかなこちゃん。15歳の時のプログラム。元気いっぱいな笑顔なかなこちゃん!でもね、15歳の時より技術は高くなってるけど持久力(特に有酸素な振付)は落ちてるんだよ、自然の摂理だよ・・・大丈夫なのかと心配になるくらい、全くじっとしていません。脚が休んでいる時間も上半身が動いていない時間もない。でもジャンプかトリプルだしスピンも全力で回る。最後はスピード落ちてきてるのが解るくらいへばってますが、でも笑顔!元気になるプログラムでした。

みきちゃんは羽根付きな衣装で登場。LetItBeとかがナチュラルに似合うようになったんだなあ、と。そしてONシーズンで体重落とすという必要が無くなったので、体型や体力が安定しているのが演技の安定感にも。弱い箇所は無理に使わず、得意な所を上手に魅せる。スパイラルとかスピンのポジションが典型ですね。肩とか無理に使わなくても良い。でも、アップフォーワードスパイラルをを支え手無しで支える背筋は、やっぱり直見せじゃ無い方が良い気も・・・

1部のラストはメドレーでロミジュリ。まあ、普通の人は一度は通りますからね。宇宙人みたいな例外を除いて!イリヤからスタート。オーソドックスにというかOPと同じ衣装。振付がバレエっぽいのに、今一つ力強すぎてロミオっぽくない・・・しずかちとゃんはピンクで可愛いジュリエットっぽい袖なのに、やっぱり背中全開で・・・今回のコンセプトなのか?リフトとかも披露してくれてから、大ちゃんにチェンジ。こう、たか君が昔真似していたのを思い出すステップ(笑)こっちは色気が育ってない感が・・・イリヤと落差が激しいです。あきこちゃんは昔のお洋服出してきましたかそれ?と思いましたが、やっぱり一番はたけし君!おお!懐かしいなその服!観た瞬間笑顔というか笑いに包まれてしまった客席。色々とごめんよ。そして二人でノンタッチストレートラインとか披露してくれました。上手いんだよね、たけし君。一番ロミオっぽいかもしれない。そしてステファン。何か間違ってる!伊達男過ぎるよ!!いや、イタリア男を演るなら正しいのか?でもラストはやっぱり、ちんぱん。しゃんとん組で!真っ白な衣装が多分ロミジュリ本編としては王道じゃないんだけど、端正で繊細なエレメンツには凄く似合います。スローもリフトも本当に美しい。本当に産休明けなのか?一昨年よりさらに柔らかい雰囲気が熟成されているのに瑞々しさがあって素敵でした。

そして、今回のプレゼントこーなー!
座長とかなこちゃん、たけし君、大ちゃんが担当。かなこちゃんは“へろへろです!”とのこと。頑張りすぎだよ。なので、荷物運びは男性陣で。相変わらずスタッフではなくスケーターが運びます。
ええと
・しいたけたっぷりカレー×3 ささにしき2Kg つや姫2Kg 5名様
・はとむぎ化粧水&保湿液セット 2名様
・オリジナルTシャツ 5名様
・特性パネル 1名様

お米とかはいつもですが、化粧水は今回入口でサンプルをくれてました。“使用者の感想を”ということで振られたのは大ちゃん!使ってるんかい!!“朝、凄くしっとりしてます。コスパが良くて、全身使ってます。月に5~6本使ってもお財布に響きません!”とのこと。座長が“あくまで個人の感想です”みたいなことを注意してましたが。コメントは良いんですが、くじ引きで上手くバラシて引けない(笑)。お米担当のたけし君は全部のブロックから引きました。流石に慣れてる。かなこちゃんもなかなか。大ちゃんだけ西ブロックに集中。え~みたいな雰囲気が座長と客席から出てました。今回は不在者が居ない(皆慣れてきたとも言います)ので、早めに終了して休憩へ。

長いので、分けます。書いたの昨日なのに見直し遅くてすみません。頑張れたら今日中に上げに来ます。11時から無印リマスターだからどうだろう・・・
 

PIWとか

 投稿者:Panafrancis  投稿日:2017年 7月17日(月)12時15分50秒
  お久しぶりでございます。最近、本当に役立たずなPanafrancisです。

せっぼもね、観たんですけどもね・・・ぱんつが金じゃなくなったねとか以外、この15年以上変わってないですね!みたいな。

土曜日に東伏見に行って参りました。ので、とりあえずご報告です。


今回のPIWは新横浜→東伏見の開催順ということで、土曜のお昼は11時スタート。早いよ!西武新宿線、意外と乗り換え良くないんだ!

という個人の事情は置いといて。

久しぶりにたか君観てきました~というご報告になります。

公演のテーマは“SEASON”ということで、四季をテーマにプログラムが組まれております。PIWなので、所属の選手たちのGPナンバーによるOPから。
座長とレギュラーもOPから出演です。

かなこちゃん、のぶくん、みきちゃん、たっちゃん、しずかちゃん、たけし君、の順で登場。
女子は“あれ、今日それ演るの?”みたいな衣装で出てきましたが、OPの為だけに持ってきたらしいです。あ、たっちゃんもだ・・・

因みに、今回はEX最前の中央席を割引で譲っていただきました。隣の方(私よりちょっと年上の男性)が“何か見覚えあるような?関係者?プログラム全部覚えてる?”とか思ってましたら、以前、チームに所属されていた模様。それは見覚えあるよね・・・
そして!解ってたけど!!寒い!!!
直行で帰省がてら出張行くので、防寒着が持てない!電車も寒かったけど!!
戴いたストールが大活躍ですよ、山猫様・・・

という準備不足の遠吠えはどうでも良く。
プログラムは春からスタート。桜色の衣装のキャストさん達が、春の曲に載せて優しいプログラムを観せてくれます。桜の枝とか、いっそ演出的にあざといですが、まあ、日本人の心ですので。

で、Jr.勢ゲスト登場。

最初はみゆちゃん。“やあ、おっきくなたね!”という親戚のおばちゃん現象が早くも発生。だって身長伸びた・・・黒の衣装は、ちょっと背伸びした感じですが、確実に上手になってます。
次がまりんちゃん。今年のトゥーランドットですが、ちょっとジャンプが詰まったりも。でもショーだしね、転んでないし、やっぱりE-マークが取られない跳び方になってるんですな、最近の子は(←おばちゃんだろう、やっぱり!)アクセルがカウンターからが基本になりつつあったりとか、凄いですよね。如何にGOEのプラスを稼ぐかを追求しています。

で!
お帰りたか君!!
相変わらず、非常に綺麗なスケーティングです。こう、何と申しますかね。練習したら上手になるエレメンツは全部上手いんだな君は・・・(褒めてます!)ステップワークとか、イーグルのアウトからインへのバランス移動とか、アップライトストレートの回転軸とか回ってる位置とか、“見事!”っていう感じなんですよ。おかげで得意なエレメンツがたけし君と被りますけども!凄く盛り上がるプログラムとかっていう訳じゃなくて、静かで端正な印象でした。TVでも良いけど、出来れば生で観てほしいプログラムです。じんわり涙が滲むようなというか。(歳だから涙腺緩いとか言っちゃだめです。)

で、春のGPナンバーに戻って、やっぱりメインは桜、狐のお面は夏祭りじゃなかったんだな・・・

夏のGPナンバーは“ああ、横浜方面ですね”という感じです。お祭りの半被とか、柄悪そうなサングラスとかが妙に似合ってるのが何とも。

ここのゲストがわかばちゃんとたけし君。

わかばちゃんは、大分、お化粧とか衣装とかが良くなりましたね!(偉そう)でも、出来栄えに影響しますのでね、トータルで曲に合った、且つ似合うお化粧と衣装は大事ですよ。白ベースで縦長にラインが出る衣装で、髪形もぎっちりじゃない感じでした。ちょっとジャンプが詰まったりもしましたが、本番じゃないですしね。

たけし君がね、スプレットとか、アウト→インのイーグルとかな、たか君と被りますので・・・頑張ってますよ、勿論!最初と3Tとか、すごく柔らかくて綺麗でした。たけし君のジャンプは、ふわっと上がる印象があります。現役時代の4Sとかと較べてしまうせいもありますが、着氷もふわっとしているような。2回目がダブルになってしまいましたが、その後もトリプル回ってました。一度絞った後は、緩めないで頑張っていそうです。いや、忙しすぎて緩んでる暇がないのか・・・

休憩時間は、東京公演はプレゼント抽選会はやってませんでした。人数少ないからできないのか?机運びが二人しかいないから・・・?
メルセデスのスポーツタイプをまりんちゃんが紹介してました。

秋のGPナンバーはハロウィンから。一部ゲストも出演。
みゆちゃんとまりんちゃんが、南瓜のケープで登場。サイドバイサイドでジャンプ跳んだら、まりんちゃんが転んでしまって、客席とみゆちゃんに謝ってました。わかばちゃんはアニー。たか君とたけし君はベースボールユニフォーム。たか君が特に“ここでそんなに頑張ったステップ披露しなくても”という状態に。楽しかったのかファンサービスなのか。リンク際ぎりぎりで踏んでました。
その後、いきなりの“枯れ葉”ミュージカル仕立て。

ゲストがかなこちゃん、しずかちゃん、のぶくん。

かなこちゃんは、引退決めた年から可愛くなったと思いますが、今はもっと“スケート楽しい”のが現われてて、更に生き生きしたスケーティングです。ただ、健康的過ぎて、色っぽくはならない(笑)
しずかちゃんは、スケート以前に相変わらず細すぎて心配に。産休明け直後よりは回復してきましたけども。ショーなのに頑張ってトリプル跳んでこなくて良いですよ、座長~と思います。多分、今居ない恋人を恋しがってシャツとか被ってるんですが、座長の存在感が強すぎて儚くない・・・
のぶくん、更に秋の切ない感じが・・・えっと、何て言いますかね、人間向き不向きが・・・スケーティング自体は、一番現役に近いですかね。努力もあるけど、体重の増減が少ないタイプ。ちょっと増えると3Aとか跳べなかったそうなので、引退してからはそれが良い方向に出てます。膝とか足首が柔らかいのも、ジャンプ降りるときに有利ですよね。でもね、やっぱり似合う曲と似合わない曲がね・・・!

冬のスタートはクリスマスから。
女性陣の真っ白な衣装が素敵です。あれです、薔薇姉の夏の衣装の丈が長い感じ(笑)華やかに楽しく!

みきちゃんは、凄くエキゾチックなプログラムでした。衣装も上半身は肌色のベースの上に紫の模様のみ、スカートはオーガンジーのロング。ママになってからの方が綺麗だと以前も申しましたが、今回のみきちゃんの雰囲気に似合った構成で、とても素敵でした。
で、たっちゃんですよ。
・・・・・・・
ええと、何処に行きたいんだろう。毎年、PIW初回で新作出してくるんですが、今年のコンセプトは“クラシックバレエ”かな?OPの段階で違う衣装着てたんですが(膝上までのブーツ一体型のパンツ、半袖、手首にブーツと同素材のサポーター。“海賊?”みたいな感じで、手足の動きもクラシック。私の座っているエリアのゲストの受け持ちがたっちゃんだったので、かなり(2mくらい)で観てたんですが、メイクも変えましたか。う~ん、ゆず寄り、というか、もっと言うとみっちー寄り・・・?プログラムはアンコールでカーテン開いて再登場するトコロ迄含めて、一つのプログラム。しかもソコでベストを着替える!他のプログラムのように、手拍子や歓声は挙がったりせず、観客席全てが固唾を呑んで見守ります。あの独特の緊張感というか雰囲気は、たか君同様に、是非一度味わっていただきたく・・・!新横浜とか東伏見とか狭いですから、A席とかでも15列前後です。お時間とお金に都合のつく方は是非!(すけーと協会の回し者ではないですよ~)

最後は第九で締めくくり。全員でフィナーレです。

が、PIWはここからです。
“ふれあいタイム”なるものが存在しまして、出演者が客席を回ってくれます。1-2列目のEXシートは、最初に渡して良いゾーンになります。写真もOK。お花やプレゼントを直接渡して、選手を応援しましょうという時間。30分しかないですし、S席より後ろはEXシートが終わってからですが、写真とかは撮れます。意外と知られてません。来てくれる選手のファンの方、狙ってみて下さい。(ぷりんすの回し者でもないですよ~)
お目当ての選手が対岸から回り切れなさそうなら、客席を回り込むことも出来ます。複数の選手が散ってると厳しいですが、一番のお目当てだけでも渡せれば多分、対費用効果としては十分かと。ただ、二時間半程度、極寒に耐える必要はありますが。(因みに外気温が35℃平均です)
ちけっとき○んぷとかお○ぴとかで、定価以下で手に入る場合もあります。(ちけっとさいとの回し者、以下同文)

今回の放送はチェックしてないですが、あれば、観る時、ちょっとでも参考になれば嬉しいです。
来シーズンは五輪シーズンなので、もうちょっとご報告頑張りたいです!

ショーの後、帰省兼出張で空港向かいましたら、思ったほど時間が無くてレポが終わりませんでした。お昼食べながら頑張ったんですが、やはり3時とかになると脳みそに栄養が足りない・・・朝、ちゃんと食べるべきでした。皆さんも脱水と熱中症にはご注意下さい!OS1が美味しかったら危険です!!

実家でいきなり涼しい環境のPanafrancisでした

 

レンタル掲示板
/51